トニー・アイオミ「ファンが泣いているのを見て悲しくなった」

写真拡大

トニー・アイオミは、ブラック・サバスのラスト・ツアーを行なっている最中、これが最後だとの実感はなかなか持てなかったそうだ。しかし、さすがに故郷バーミンガムで開いた最終公演では、悲しくなったという。

◆ブラック・サバス画像

『MetalTalk』のインタビューで、最終公演について問われたアイオミはこう答えた。「ツアーの最中は、これで終わりだって気がしなかった。最後まで全くね(笑)。でも、最終公演は、ちょっと感傷的になった。みんなが泣いているのが見えてね。すごく悲しかったよ。彼らは長年に渡り、僕らのためにそこにいてくれて、僕らを英雄視してたなんてこと考えると、愛しく感じるよ。彼らのことを思い、悲しくもあった。もう、これまでのように定期的に会うことはできないからね」

アイオミは実は、半年以上経ったいまでもまだ実感が湧かないそうだ。「まだ、終わったようには思えない。ツアーの大半は同じように終わり、家に戻ると“6週間後には次のツアーが始まる”って思ってきたからね。もちろん、今回それはない。でも、ちょっと同じようなヴァイブがあるんだ。まだピンとこない。映画やDVDとか、いろんなことやってるからね。まだ、“ああ、終わったんだ”って考える時間がないんだ」

ブラック・サバスのその最終公演を収めたドキュメンタリー映画『Black Sabbath: The End Of The End』は9月28日、世界1,500以上の映画館で上映される。日本では、東京・Zepp DiverCity(TOKYO)、愛知・Zepp Nagoya、大阪・Zepp Namba(OSAKA)の3会場にて、4K対応のハイスペックな映写と15m×9mの巨大スクリーン、ZeppのライヴPA音響システムを使用し、全曲ノーカットで完全収録したライヴ映像を独占上映する。

Ako Suzuki
Photo (C)Ross Halfin