中原淳一のイラストが表紙を飾るノート、昔ながらの“きっぷと同じ素材・製法”でレトロモダンな雰囲気

写真拡大

昭和初期に活躍した人気画家・中原淳一とデザインステーショナリーブランド「クンペル(Kumpel)」がコラボレーションしたノート「クンペル ノーティスブッフ(Kumpel Notizbuch)」が、2017年9月16日(土)より発売される。

「クンペル」は、従来「きっぷ」を中心とした凸版印刷を行ってきた印刷会社によるデザインステーショナリーブランド。素材感のある紙や印刷の価値に着目し、「きっぷ」と同じ素材・製法で制作したノートやスタンプ帳、「きっぷ」ホルダーなどを販売する。

中原淳一は、昭和初期に少女雑誌『少女の友』の人気画家として活躍。雑誌のイラストに加え、ファッション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野において人気を博し、当時の女性たちが憧れるファッションやライフスタイルを作り出していた存在だ。

今回のコラボレーションでは、「クンペル」が昔ながらの「きっぷ」と同じ用紙を使い、同じ凸版印刷機で、ノートの表紙に中原淳一のイラストを印刷。また、乗車券印刷の技術を用いて、表紙にはシリアルナンバーが刻印されている。

1951年に渡仏した中原淳一が当時人気の少女雑誌「ひまわり」に描いた、可愛らしくモダンなイラストが表紙を飾る。「きっぷ」独特の風合いと、中原淳一のレトロモダンなイラストがマッチしたノートに仕上がっている。

【詳細】
中原淳一×クンペル コラボレーションノート
名称:クンペル ノーティスブッフ(Kumpel Notizbuch)
日程:2017年9月16日(土)
価格:800円+税
サイズ:縦182mm×横128mm(B6サイズ)
カラー:ブラック、ターコイズ、ピンク
販売店:それいゆ(広尾店舗・オンラインストア)他


[写真付きで読む]中原淳一のイラストが表紙を飾るノート、昔ながらの“きっぷと同じ素材・製法”でレトロモダンな雰囲気

外部サイト

  • 「セーラームーンカフェ 2017」東京・大阪・名古屋・福岡にオープン - 限定メニューやグッズを販売
  • イラスト集『美しい情景イラストレーション』第2弾、神秘的な“幻想世界”を描くクリエイター32名を特集
  • モンブランから『星の王子さま』作者テグジュペリモチーフの万年筆&ボールペン、ペン先に星マーク