クアラルンプール(CNN) マレーシアの首都クアラルンプールにある学校で14日朝、火災が発生し、少なくとも21人の学生が死亡した。大人2人も死亡したという。死亡した学生の年齢は13〜17歳。

消防当局は記者団に対し、現場に到着したときにはすでに建物の約90%が炎に包まれていたと述べた。消防隊員は建物の中から助けを求める声を聞きつけ、下の階から何とか子ども5人を救出したという。

消防当局によれば、遺体が発見されたのは3カ所。全ての遺体がひどく焼けていたという。

現場を写した写真には、3階建ての建物の最上階も火災で損傷した様子が捉えられている。

地元メディアは先に、学生23人を含む25人が死亡したと伝えていた。