外観

写真拡大

 2014年から建て替え工事を行っていた松坂屋上野店南館跡地に、複合商業施設「上野フロンティアタワー」が誕生する。隣接する松坂屋上野店本館と繋がる地下1階は松坂屋、1階から6階はパルコが新屋号で展開する「パルコヤ(PARCO_ya)」、7階から10階は「TOHO シネマズ」、12階から22階はオフィスで構成。J. フロントリテイリング傘下の松坂屋百貨店とパルコが本格的に連携するのは今回が初めてで、商業施設は11月4日に開業する。
 1階から6階のパルコは「ともだちを誘いたくなるちょっとおしゃれな大人のたまり場」をコンセプトに、全68テナントで構成する「パルコヤ」を新展開。30〜50代の団塊ジュニア世代を中心とした男女をターゲットに据え、上野御徒町エリア初登場52テナントを展開し、街に新しい価値と魅力を伝える中核テナントとして開業する。
 地下1階の松坂屋上野店は「上野を中心としたエリアの町歩きを楽しむ女性のためのフロア」をコンセプトに婦人靴売場を設置。観光案内所の機能を持った新編集売場「上野が、すき。ステーション」を開設する。
 7階から10階では、台東区初のシネマコンプレックスとなる「TOHOシネマズ 上野」が営業し、ハリウッドや日本の代表作品に加え、秋葉原から徒歩圏内という立地を活かしてアニメファンからも支持される上映ラインナップを提供する。なお、オフィスフロアは満室稼働となる。
 今年4月、松坂屋銀座跡地に脱百貨店を掲げたラグジュアリーモール「ギンザ シックス(GINZA SIX)」をオープンしたJ. フロントリテイリングの山本良一社長は、「時代の変化を読み解き、これまでの延長線上ではない非連続な成長に挑まなければ未来を手にすることはできない」と前置きし、上野フロンティアタワーについて「百貨店にこだわらず新しい息吹を吹き込むため、1階から上はパルコ、TOHOシネマズ、オフィスフロアを導入した。主力の百貨店とパルコの互いの強みを生かし最大のシナジーを生み出す」と特徴を説明。また、開業を機に同施設と松坂屋上野本館、大丸松坂屋百貨店が所有する周辺店舗などを総称し「シタマチ.フロント」と名付け発信していくことを発表した。