<ISISの台頭で一時目立たなくなっていた9.11の首謀者アルカイダが動き出した。まずはイスラム教徒の少数民族ロヒンギャを迫害するミャンマーを攻撃して勢力拡大を狙う>

ミャンマー軍がイスラム系少数民族ロヒンギャの武装勢力に対し大規模な報復攻撃を行い、混乱が広がるなか、9.11米同時多発テロで悪名を馳せた国際テロ組織アルカイダが、不穏な動きをみせている。イスラム教徒のロヒンギャを迫害したミャンマー政府は当然の報いを受けることになると、警告を発した。ロヒンギャ危機を口実に攻撃を仕掛け、勢力範囲を拡大しようというのだ。

「ムスリムの同胞に対する残虐な処遇を......懲罰なしに看過するわけにはいかない。ミャンマー政府はムスリム同胞が味わった苦痛を味わうことになるだろう」――テロ組織のネット上での活動を監視する米SITE研究所によると、アルカイダは支持者にこう呼び掛けた。

テロ組織ISIS(自称イスラム国)がイラクとシリアで劣勢に追い込まれている今は、アルカイダにとっては勢力挽回のチャンス。新兵獲得も兼ねてロヒンギャ武装勢力への「軍事支援」を呼び掛けたとみられる。

【参考記事】ミャンマー軍のロヒンギャ弾圧に何もしない米トランプ政権

アルカイダの最強の系列組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」も今月に入って、ミャンマー政府を標的にした攻撃を呼び掛けている。

「バングラデシュ、インド、パキスタン、フィリピンで聖戦に参加するすべての兄弟たちに呼び掛ける。ムスリムの同胞を支援し、訓練など必要な準備を行って、この抑圧に抵抗するためビルマ(ミャンマー)に向かおう」

ミャンマー政府は、8月25日にロヒンギャの武装勢力が警察や軍の拠点を襲撃したことがきっかけで、軍による取り締まりを開始したと主張。ロヒンギャの村々に対する焼き討ちも「アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)」の仕業で、軍によるものではないと弁明している。

逃げた?スーチー

国連が9月初めに発表した推計によれば、8月末以降に隣国バングラデシュに避難したロヒンギャは5万8000人以上で、難民の多くは、軍の掃討作戦から逃れてきたと話している。

ミャンマーにいる約110万人のロヒンギャの大半は仏教徒が多数を占める西部ラカイン州に集中。彼らは市民権を付与されておらず、長年軍と治安部隊による迫害を訴えてきた。

ミャンマーの事実上の指導者で、ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチー国家顧問兼外相は、ロヒンギャ問題への対応の鈍さで国際的に非難を浴びており、12日に開幕した国連総会への出席を直前になって取り止めた。

【参考記事】ロヒンギャ排斥の僧侶に説法禁止令、過激派抑止に本腰か

ゼイド・ラアド・アル・フセイン国連人権高等弁務官は11日、ジュネーブで始まった国連人権理事会の冒頭演説で、ミャンマーで起きている事態は「民族浄化の教科書的な典型例」だと糾弾した。ミャンマー政府は、取り締まりの対象は武装勢力で、民間人には危害を加えておらず、民族浄化は行われていないと主張している。

「人道に対する罪あるいは民族浄化という言葉は非常に重大な意味を含み、不用意に使うべきではない。法的な手続きを経て、罪が確定した場合にのみ用いるべきだ」――ミャンマーのティン・リン国連大使は理事会の場でこう述べ、不快感をあらわにした。

政府が何と言おうと、アルカイダは既に報復を呼び掛けている。

ジャック・ムーア