『ひよっこ』ファンの茨城県民が苦言も(HPより)

写真拡大

 女性セブンの名物記者“オバ記者“こと野原広子(60才)が、世の中で話題になっている事象を独自の切り口で分析。今回のテーマは朝ドラ『ひよっこ』です。オバ記者は茨城県出身です。

 * * *
 いよいよ9月30日で、わが茨城県が舞台になったNHK朝ドラ『ひよっこ』も最終回。“魅力度最下位県”が晴れ舞台に躍り出たせいか、田舎の友達のうるさいこと。

 たとえば田植機がなかったあの時代、田植えは地域の共同作業。どの田んぼから植え始めるか、順番は決まっていて、東京で働くみね子が「そろそろ田植えの季節だな」と思い立って参戦したところで、「どうにかなるもんかよ」と。

「田植えにつきものの“さなぶり”(夜の飲み食い)がなかったのも、農家をわかってねぇよな」と。

 さらに田植え前の田んぼで、大の大人が泥遊びをしたシーンに米農家の友達は激しく怒っていたっけ。いくら「ドラマだから」と思っても、笑って見られなかったって。

 私は、母の美代子がミニのワンピをこっそり着たシーンに首を傾げたな。自分が縫製したばかりの商品に手を通すのもどうかと思うけど、家族に見られた恥ずかしさにスカートのすそを引っ張ったり、クシャクシャにしたりする?

 ドラマの中の“仕事ぶり”でいえば、すずふり亭の厨房全員、玉ねぎむきが下手すぎ。技術以前に、包丁を持つ手に“やる気”が感じられないのよ。おしゃべりすると手が止まるなんてあり得ない。

 そしてもうひとつ。ハグのシーンがひっかかるんだよ。

 父親が記憶喪失と知ってあかね荘に帰ってきたみね子に、美人事務員の早苗がハグ。上京してきたみね子の叔父、宗男が漫画家2人に「本になったら教えろよ」とハグ。ツイッギーそっくりコンテストに出られることになった時子は、みね子と早苗、富と愛子ともハグ。

 いくらなんでもこれは反則でしょ? あの頃、ハグをする習慣は日本人になかったもの。

 昭和のドラマで、電話の着信を伝えるのに、保険会社のCМのように親指と小指を伸ばしたらヘン。時代劇で着物姿で足を組んでいすに座ったら、それだけでドラマはぶち壊し。それと同じだよ。

 最終回に向けて「自分を出す」と決めた20才のみね子が、すずふり亭の家族関係や、大女優のピンチにどう首を突っ込むか。

 あり得ない話を、視聴者に納得させてこそドラマ。ぜひ、着地はあざやかに決めてね。でないと茨城舞台のよしみで、一回も欠かさず、日によってはBSも含めて日に4回見続けた甲斐がないから。

※女性セブン2017年9月28日号