婚約時代のムニューシン米財務長官(左)と女優のルイーズ・リントンさん=2月13日、ワシントン(AFP=時事)

写真拡大

 【ワシントン時事】米ABCテレビは13日、ムニューシン米財務長官が自身の新婚旅行に政府専用機を利用させるよう求めていたと報じた。異例の要求は退けられたが、財務省監察官は経緯を調べ始めたという。

 報道によると、ムニューシン氏は今年夏、妻で女優のルイーズ・リントンさんと英スコットランドなどに新婚旅行する際、米空軍が運用する政府機の利用を求めた。政府機の運用費は1時間当たり2万5000ドル(約275万円)。財務省は「極めて異例の問い合わせ」を検討したものの、最終的に不要と結論付けた。

 財務省は、ABCの取材に「(国家安全保障に関わる)ムニューシン氏は安全な通信経路を確保しなければならない。幅広い選択を検討するのが財務省の方針だ」と釈明している。