PSGのネイマール(左)エディソン・カバーニ(中央)キリアン・ムバッペ(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、新たなユニット“MCN”についてコメントを残している。スペイン紙『アス』が伝えた。

 12日に行われたチャンピオンズリーグ初戦のセルティック戦で5-0の快勝を果たしたPSGには、現在フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニ、そしてブラジル代表FWネイマールの3人で構成されたMCNという新たなユニットが結成されつつある。同試合でも3人合計で4得点を奪っており、破壊力は抜群である。

 ネイマールは、他2人との関係が良好であることを明かしている。

 「僕たちは今お互いを理解しあっている途中なんだ。カバーニは素晴らしい選手だし、ムバッペもそうだ。頭のいい選手とプレーするのは簡単だ。でもまだ調和がとれていないね」

 また、前所属のバルセロナ時代に、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスらと共に一世を風靡したMSNとの比較については「僕らは理解しあうのにまだ足りないことがたくさんある」とだけ語り、まだまだそのレベルには達していないことを示唆した。

 キリアン・ムバッペが移籍市場終盤に加入して以降ゴールを量産しているこの新たなユニットMCNは、今後連携を深めるにつれてますます驚異のあるユニットになっていくだろう。

text by 編集部