黒星発進のナポリFWインシーニェ「引き分けることはできたかも…」

写真拡大

 チャンピンズリーグ・グループステージ第1節が行われ、ナポリはアウェーでシャフタールと対戦し、1−2で敗れた。ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが試合後にイタリア・メディア『メディアセット』のインタビューに応えた。

「シャフタールが、良いチームであるということは分かっていた。前線の選手はクオリティーの高い選手が揃っているからね。何を間違ったのか僕には分からない。しかし、(マウリツィオ・)サッリ監督と共に今週、どんなミスを犯したのかを確認し、それを修正できるようにしたいと思っている。時間は決して多くはないけれど」とコメント。シャフタールが侮れない相手であったことは想定済みであったことを明かした。

 そして、「何度か良いチャンスを作った。けれども、決定機を活かすことができなかったね。引き分けることはできたかもしれないが、敗れた。これからは、改善できるように、さらにハードワークしなければならない」とグループステージ初戦の敗戦に肩を落としながらも、今後の戦いに向けて巻き返しを誓った。

 ナポリは17日、セリエA第4節でベネヴェントをホームに迎える。また、CL次節は26日に、フェイエノールトとホームで対戦する。