"寿命が7歳延びる"笑顔のもたらす大効能

写真拡大

「幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ」。こうした考え方が、科学的に証明されつつある。口角を上げて笑顔をつくるだけで、脳内物質が分泌されて幸福感が得られる。その効能は「チョコバー2000個分」にもなり、「寿命が7歳延びる」という研究結果もあるという。笑顔の効用を仕事に生かす方法を考えてみよう。

■表情は人間が生来持つ感情表現

『幸福論』の著者、フランスの哲学者アランはこんな言葉を残している。「幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ」

笑顔は、あらゆる活動の原動力になる。単純に心持ちだけの話ではなく、近年は科学的にさまざまなデータが出ていることをご存じの方も多いだろう。

例えばこんな研究結果がある。トレーディングカードなどの写真を調べ、笑顔が少ないプロ野球選手の平均寿命は72.9歳だったのに対して、笑みを浮かべていたプロ野球選手の平均寿命は約80歳。ウェイン大学が行ったこの一連の研究では、笑顔が人の健康や生活をよくする力を持っていることが示されたという。

「種の起源」のダーウィンは、140年前にこうした表情フィードバックの仮説について触れていた。それは、「笑顔というのは気分が良いときに出るだけではなく、ほほ笑むという行動そのものが、気分を向上させる効果を持つ」というものだ。

その当時、表情は文化に依存した学習の産物だとされていた。ところが、1930年代にパプアニューギニアで先住民が発見されたときのこと――感情と表情を研究する心理学者ポール・エクマンが、表情とは文化など後天的なものではなく、人間が生来持つ感情の表現であることを発見した。それは、孤立して石器時代の文化に暮らしている部族が、他の近代文化の生活をする人たちの怒り、悲しみ、幸福感といった表情を読み取れたことによる。

例えば、「怖い」と感じたときと、「イヤだな」と思ったときでは違う表情をするだろう。そうした違いは、生来のものだというわけだ。

トロント大学の心理学者サスキンド博士らの、「恐怖」や「嫌悪」など、負の感情が引き起こす筋肉の働きの研究によると、恐怖の表情では目を大きく開け、眼球の動きが速くなり、遠くの物にまで目が届くようにする傾向がある。一方で嫌悪は、視野を狭め、鼻腔(びくう)が閉じて、情報を遮断する方向に表情が動く。同じ負の感情でも、まったく逆に近い動きをするのだ。

当然ながら、恐怖のときにはアンテナを張り巡らして自分を守るほうがいいし、嫌悪のときは情報を遮断して、不快感を取り除きたい。つまり、その表情を作ることで恐怖や嫌悪感に対処する準備をしているのであり、人間にとって合理的な筋肉の運動だというわけだ。

では、笑顔はどうだろう?

■笑顔ひとつでチョコ2000個分の幸福感

試しに、鏡に向かって笑顔と怒りの表情を作ってみてほしい。笑顔では眉が下がり、口角が上がるのに対し、怒りでは眉がつり上がり、ぐっと口がへの字になる。まったく対極の筋肉を使うことがわかるだろう。笑顔の表情を作ると、快感や多幸感を得られる神経伝達物質のドーパミンが増えるとされている。

心から喜んでいなくても、笑顔に似た表情を作るだけでも同じ効果が得られるというから面白い。例えば、箸を横にくわえ、笑顔に似た表情を作るだけでも、笑うのと同じ効果が得られるという。逆に、口をすぼめて箸をくわえて落ち込んだような表情になれば、自然と気分も落ち込んでくる。

このふたつの表情をしながら、例えば漫画を読んで面白さを評価すると……横に箸をくわえて笑顔のような表情を作ったときのほうが、高い評価が出やすくなるという。つまり、笑顔(のような表情)を作り、脳が笑顔の信号を受け取ることでポジティブな思考になりやすく、笑うのと同様の効果があるというのだ。逆に、怒りの表情をしながら読めば、怒りの感情を生み出しやすくなり、評価も厳しくなるだろう。

笑顔の研究者ロン・ガットマンは、イギリスの研究者の実験を引用し、笑顔一つでチョコバー2000個分の(脳内で“幸せ”を生み出す)効果があるとしていた。チョコレートを食べると脳内でエンドルフィンが出るなど、幸福感をもたらす刺激が起こる。笑顔をつくるだけでも、それ以上の幸福感が得られるそうだ。

こうした笑顔の効果を、仕事や生活でどんな風に生かせるだろうか。

■ビジネス運気が上がる、笑顔の効果

特別な場合を除けば、日常生活において、笑顔の人を見て悪い印象を受ける人はほとんどいない。ペンシルバニア州立大学の実験では、笑顔の人は雰囲気がよく、穏やかで、さらには有能そうな印象すら受けるという結果が出ている。少しの笑みは、その人の余裕を感じさせるものだ。

さらに、笑顔でいることで相手に安心感を与え、相手も話しやすくなる。すると、小さな出来事も話せるような関係性が作れて、コミュニケーションもなめらかになっていく。そうなれば何か問題があってもその問題が小さなうちに話ができ、プロジェクトの進行もスムーズになり、リスクマネジメントなどにも効果的に生かせるだろう。

笑顔は人をポジティブな思考にしてくれる。このことを理解したら、あとはスポーツ選手が繰り返して技術を学ぶように、思考パターンをトレーニングしてみるといい。こうした思考が身に付けば、ずっとポジティブな思考パターンが繰り返されるようになるものだ。

■笑顔で仕事の効率が上がる

これで内面から気分が良くなるだけでなく、周りの人が持つ印象が変わり人物評価もよくなり、発言などの受け止め方もポジティブに好転していく。するとストレスも軽減されて……邪魔な思考が減り、仕事など、本来こなすべきことの効率も上がる良いスパイラルになっていく。笑顔で仕事の効率が上がる効果は、例えばこんなことだ。

  • *周りからの印象がよくなり、能力が高く余裕があるように見える
  • *コミュニケーションが取りやすくなり、プロジェクトなどが潤滑に進む
  • *自分のところに情報が集まりやすくなる
  • *周りとの人間関係がよくなる
  • *ストレスが軽減されて効率が上がる

……など。このように、笑顔は、ビジネスの運気スパイラルをぐんとよくしてくれるものなのだ。

“笑顔”を表情筋で説明すると、頬を持ち上げて十分に収縮させて、目を少しだけ細めたら、口元を横に引っ張って口角を半月形にあげるもの……つまりは口角があがり、目を少し細めてゆるめることとなる。実際に笑いたい気分でなくても、こうした表情を作るだけでいい。ビジネス上でも、余裕のある笑顔は、ポジティブなキャリアの循環を作りあげてくれそうだ。

ダーウィンの時代には科学的に証明できなかった仮説は、後年になって研究者によって実証された。アランもダーウィンも、「ほら、言った通りだろ」とほほ笑んでいるかもしれない。

Ron Gutman, The hidden power of smiling, TED
池田祐二, 脳には奇妙なクセがある, 2012 扶桑社
Nature Neuroscience 11, Expressing fear enhances sensory acquisition, 843 - 850 , 2008

(コミュニケーション・アナリスト 上野 陽子)