ACL準々決勝の2ndレグ、浦和レッズのFW高木俊幸は川崎フロンターレ相手に決勝ゴールを挙げた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

幸運が導いた劇的な決勝ゴール

 13日に行われたAFCチャンピオンズリーグ準々決勝の2ndレグ、浦和レッズ対川崎フロンターレは劇的な結末となった。勝利を決定づけるゴールを奪ったのは浦和の高木俊幸。今季は負傷もあって出場機会の少なかった男は、並々ならぬ思いを胸に臨んだ大舞台で最高の結果を残した。(取材・文:舩木渉)

---

 残り時間は4分とアディショナルタイムのみ。誰もが延長戦突入を覚悟していた。

 その時、一瞬でスタジアムの雰囲気が変わった。記者席でも多くのメディアが思わず立ち上がる。奇跡の逆転の瞬間だった。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝2ndレグが9月13日に行われた。浦和レッズはアウェイでの1stレグを1-3で落としており、逆転での準決勝進出は厳しい状況だった。2ndレグも川崎フロンターレに先制を許してしまう。

 アウェイゴールまで奪われて3点が必要になっても、浦和は諦めなかった。35分に興梠慎三が1点を返すと、直後の38分に川崎Fの車屋紳太郎が一発レッドカードで退場となり、数的有利に。後半は圧倒的にボールを支配して攻め続け、70分、84分とゴールネットを揺らし、2戦合計スコアで同点に持ち込んだ。

 誰もが延長戦を想定していただろう。お互いに交代枠を1つずつ残し、残り5分。1人少ない川崎Fは10人で守りきるしかない状態だった。そんな雰囲気を一変させたのは、浦和の背番号13だった。

 86分、ペナルティエリア手前のピッチ中央でボールを受けた森脇良太が、左サイドへロングパスを送る。それに反応して飛び出した高木俊幸が左足を出す。ループ気味になった“シュート”は、GKチョン・ソンリョンの頭を越えてゴールネットを揺らした。絶望的な3点差から奇跡の逆転を成し遂げた。

 しかし、試合を終えた高木はどうも歯切れが悪い。「アジアの舞台でようやく結果を出せましたけど、正直100%狙ったゴールではないんで、あまりこう…なんていうんですかね…喜んでいいと思うんですけど、まだ満足しちゃいけないなと思います」と語る。

 森脇からボールを受けた時、高木にはシュートという選択肢が「5%も頭の中になかった」という。その時は「完全に中に折り返すことを考えていた」。

 ペナルティエリア内がしっかり見えていて、2人のターゲットが確認できていた。森脇からのパスをダイレクトで折り返して、フリーになっていたズラタンが詰めればゴールになるイメージがあった。自身のゴールは、いわば「ラッキー」だった。

開幕前にまさかの負傷離脱。サッカーができることへの感謝

 劇的な決勝ゴールをアシストした森脇は「これ以上ない愛を込めて、優しいボールを僕は送ったつもり」と語る。そして「自分がフリーなのもわかったし、そこにだいたい蹴ってくれるかな」と感じていた高木とゴールまでのイメージはシンクロしていた。

「僕としては『中に折り返してくれ』というイメージでした。それくらい優しいボールを出せば、そんなに難しい折り返しではないかなと思ったので。自分としては僕がトシ(高木俊幸)に出して、トシが中に折り返して、それを中の選手が詰めるというイメージでしたけど、そのイメージをトシはいい意味で覆してくれたなと。非常にファンタスティックなゴールだったんじゃないかなと思いました」(森脇)

 高木にとっても、ACL準決勝進出を決めるゴールは大きな意味を持つ。「自分に対してちょっとメッセージ性のあるゴールというか。怪我でチームに迷惑ばかりかけていて、今シーズンはあまりいいものが出せていなかった。ここから自分が何かやっていくぞ、というキッカケになるようなゴールでした」と、決意のこもった表情で話す。

 今季は浦和入団以来、高木にとって最も厳しい1年と言ってもいいだろう。開幕前の自主トレーニング中に右足第5中足骨の疲労骨折を負い、手術からリハビリを経て公式戦復帰を果たしたのは5月10日のACLグループステージ最終節のFCソウル戦だった。

 しかし、負傷から復帰しても出場機会はなかなか巡ってこない。天皇杯3回戦のロアッソ熊本戦で直接フリーキックを決めてチームを勝利に導く活躍はあったが、リーグ戦の出場は現時点で5試合のみ。ゴールはない。飛躍を期した浦和加入3年目は、過去最も出番の確保に苦しむシーズンになっている。

「こういう舞台に立てるというか、怪我から復帰して立たせてもらえるということに関して、まず感謝の気持ちと、やっぱりここで何かしら結果を残さなければいけないという気持ちはありました」

 ACL準決勝進出のためには2ゴール以上を奪っての勝利が絶対条件だった浦和。その川崎F戦に出場する前から、高木はいつも以上に強い思いを抱いて準備してきた。それでも気合いが空回りしたのか、前半はなかなか持ち味を発揮できなかった。チームが主導権を握ろうとする中、存在感は薄い。

「前半は正直、自分の中では個人的な部分であまりいい流れを作れなかったというか、クロスも上げようとしても、右足で上げるクロスが読まれていたから、何回も(相手に)当たっていた。後半ちょっと縦に勝負して、(相手に)当たったとしてもコーナーキックを取れるということで、ちょっと自分の中でやり方を変えて良かった」

「これ獲るしかないでしょ」。目指すはACL決勝の舞台

 繰り返し続けたトライ&エラーは、徐々に流れを変える。高木自身、手応えをつかんだのは68分のワンプレーからだったという。左サイドでボールを持ち、内側へカットインして右足でクロスを上げた。結果的にゴールには結びつかなかったものの、興梠慎三の頭にピタリと合った会心の1本である。

「あのへんからようやく自分として試合の中で感覚を掴めてきているなという感じはあったから、いけそうだなというキッカケにはなった」と高木は振り返る。そしてこういった1つひとつのチャレンジが、86分の逆転ゴールにつながった。

「自分なんかはいい守備を持っているわけではないし、そういう部分で貢献できない分、やっぱり試合を決めるような点だったりアシストだったりというのが、毎試合1本でも出せればいい」

 ミハイロ・ペトロヴィッチ前監督が成績不振で解任されたことからもわかる通り、今季ここまでは浦和にとって困難な時期が続いていた。その流れは堀孝史監督の存在によって変わりつつある。チーム全体の意思統一が進み、新しい戦い方も形になり始めた。

 その象徴の1人が高木である。4バックを導入したJ1第25節の柏レイソル戦で今季2度目のリーグ戦先発を飾り、続くACLの川崎F戦でもスタメンに名を連ねてゴールという結果を残した。

「しっかり90分やりきれたところがまず良かったですし、その中でチームとしても結果を出せたし、個人としても結果を出せたので、今日はトータルして良かったと思います。リーグ戦を捨てていい理由なんて全くないですし、リーグ戦は本当にいけるところまで勝ち点を積み上げていくだけです。あとはACLは本当に『これ獲るしかないでしょ』という感じです。浦和の歴史としては(ACLベスト4以上の経験が)あるのかもしれないですけど、僕としてはこれだけ大きい大会で、ここまで勝ち進むということはなかなか経験としてないので、本当に最後、決勝までいきたいなと思っています」

 雌伏の時を経てチャンスを掴んだ浦和の背番号13は、今まさに復活の時を迎えようとしている。物静かながら、口から発せられる言葉は力強く、自信に満ちていた。高木俊幸の2017年はまだまだ始まったばかりだ。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉