米デビュー戦で6度目の防衛に成功した井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

貫くモンスターの流儀…IBF王者アンカハスの統一戦熱望報道をツイッターで歓迎

 ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の王座防衛に成功した井上尚弥(大橋)。次戦のマッチメークに世界から注目が集まっている「モンスター」は、「プリティボーイ」の異名をとるフィリピン人王者の陣営から届いた“挑戦状”に「望むところ!」と自身のツイッターで投稿した。

 敵地アメリカのリングでご当地選手のスーパーフライ級7位のアントニオ・ニエベス(米国)を圧倒し、井上は「The Monster」の異名通りの強さを発揮。衝撃の米デビューの舞台となったスタブハブ・センターで同日にWBC同級タイトルマッチを制した王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)との統一戦実現を待望する声は日増しに高まっている。

 そんな中、IBF世界スーパーフライ級王者、ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)のマネージャーとトレーナーを務める重要人物が井上に挑戦状を叩きつけていた。

 フィリピン最大紙「マニア・ブレティン」はアンカハス陣営のキーマン、ホベン・ヒメネス氏の井上に対するコメントを紹介した。

「我々は井上戦を切望している」アンカハス陣営に対し、力強く一言「望むところ!」

「我々はその戦いに準備ができている」
「我々はそれ(井上戦)を切望している」

 英雄マニー・マッキャオが運営するMPプロモーションに所属し、「プリティボーイ」の異名で知られるフィリピン人王者が井上との統一戦を熱望したのだった。

 井上は自身のツイッターでアンカハスからの挑戦状のニュースを引用した上で、「望むところ!」と力強く一言。歓迎した井上は強敵にも逃げず、真っ向勝負で叩き潰してきた“モンスターの流儀”を披露した。

 果たして、モンスター対プリティボーイの頂上対決は実現するのか。もしくは別の標的を定めるのか。今後の動きから目が離せない。