歴史的な大逆転を導いた浦和の“成功体験”と裏目に出た川崎の決断 「憲剛さんがいなくなって…」

写真拡大

浦和が4-1-4-1で挑み拮抗した試合、分水嶺となった川崎の退場劇と選手交代

 浦和レッズは13日に埼玉スタジアムで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦で、川崎フロンターレに4-1で勝利し、大逆転でベスト4進出を果たした。

 第1戦で川崎に1-3で敗れていた状況から、いかにして逆転劇を導き出したのだろうか。

 一つの要因は、システム変更にあると言えるだろう。浦和は初戦を守備時に5-3-2となるシステムで戦ったが、川崎にボールを制圧されて自陣に押し込められてしまった。しかし、そこから第2戦までの3週間の間、システムを4-1-4-1に変更。堀孝史監督は、前任のミハイロ・ペトロヴィッチ監督に比べれば相手のサッカーに対応し、戦略を練る部分を強く持っており、4バックへの変更にも躊躇がなかったのだろう。

 また、その“予行演習”をリーグ戦でできたのも大きかったのだろう。9日のリーグ第25節柏レイソル戦で浦和は4バックを本格的に導入したが、その理由を選手たちは「4バックでボールを回してくる相手に対して、自分たちがプレスをかけられるようにするため」と話していた。もし、直前の対戦チームが川崎とまったく異なるタイプの相手であれば、浦和の4-1-4-1はぶっつけ本番になった可能性がある。そう考えると、柏に1-2で敗れたものの、川崎戦への“準備”と捉えれば、この対戦順は追い風になったと言えそうだ。

 それでもこの日、11人対11人の戦いの時点でスコアは1-1だった。ここで試合に大きな影響を与えたのが、川崎DF車屋紳太郎の退場処分で、浦和が数的優位になるのと同時に、川崎は「運動量を考えて(鬼木達監督)」との理由でMF中村憲剛をベンチに下げたことだ。

川崎がボール支配を手放し“慣れた展開”に…

 これは浦和にとってプラスに働いた。1-1に追いつく同点ゴールを挙げた興梠は、試合後に「同点ゴールでちょっと復活して、退場でかなり復活した。個人的には(中村)憲剛さんがいなくなったことがラッキーというか、カウンターでも1本のラストパスを出せる選手なので、助かったなという感じがしますね」と話した。

 そして、後半になると川崎は引いて守り、浦和がボールとゲームを完全に制圧する形になった。浦和にとって、これまで川崎の何を苦手にしていたかと言えば、ボールポゼッションを主体にしたいチームなのに、それ以上に川崎にボールを持たれ、回されてしまうことだ。だがこの試合では、退場者を出した川崎がその状況を作る意欲を完全に手放したことで、浦和は引いて守る相手をなんとか崩して得点するという、ある意味では慣れた試合展開に推移した。

 裏返せば、川崎はボール支配を完全に明け渡して水際で耐えるという試合展開の経験値がそれほど高くない。その決断は、浦和に勢いを与えた。

 何より、浦和の選手たちにはラウンド16の済州ユナイテッド(韓国)戦での成功体験があった。この時も敵地での第1戦を0-2で落とし、突破が絶望的と言われたなかから逆襲に成功している。GK西川周作は川崎戦の前日に、「その成功体験があるからこそ、自分たちの力を信じられる」と話していた。彼自身はこのゲームで失点に絡んでしまったが、チーム全体にそのメンタルがあったことは、大逆転を導く助けになった。

ACLでは直近のホーム戦で8勝1分

 もちろん、浦和サポーターが多く詰めかけた埼玉スタジアム特有の空気感も、時間の経過とともに川崎を呑み込んでいったのではないだろうか。浦和はこの勝利で、ACLにおける埼スタでの直近9試合の成績を8勝1分とした。その空気感は、先制ゴールをアシストしたMF矢島慎也も「勝ち越せたのはスタジアムとサポーターの力もあると思うし、その雰囲気で持っていった感がある」と話した。

 クラブはこの試合で当日券料金を撤廃したが、淵田敬三代表は試合後に「当日だけで8000枚ほどのチケットが出ました」と明かした。この一戦を出場停止になっていたMF武藤雄樹や負傷欠場のMF宇賀神友弥は、試合前日にビラ配りに参加して観戦を呼びかけた。そうしたクラブ一丸となった体制と、それに応える浦和サポーターの力というのは、この一戦の勝敗を左右した存在として無視できないだろう。

 浦和は組み合わせ抽選の時点で、決勝ラウンドに入ってからは全てのカードで第2戦をホームで戦う位置に組み分けられていた。興梠は「次の準決勝も、アウェーで負けたとしても大差でなければホームで逆転できると思う」と話した。浦和の持つ絶大なホームアドバンテージは、2007年以来のアジア王座奪還へ向けた大きな武器になっている。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images