あなたが何気なく行っている行動が、もしかしてら大好きな彼の気持ちを冷めさせているかも。

最初は「それは止めて欲しい…。」なんて注意してくれていたかもしれませんが、それでも駄目ならいつの日かあなたへの気持ちも冷めて、突然の別れに繋がることもあります。

そこで今回は、男性は女性にされると気持ちが冷めてしまう行動を3つご紹介します。

もし当てはまっているものがあったら、今からでも遅くないので直すようにしましょうね!

何でも喋ってしまう

男性はプライドの生き物と言いますが、特に自分の失敗談などは第三者に知られたくないものです。

また、あなたに見せている姿と、友達に見せている姿が違う場合もあります。

あなたにだけ見せている部分をまわりにペラペラしゃべられてしまうと、悪気がなくても不快に感じる男性は多いものです。

「友達と一緒に遊んだ時、プライベートな内容をペラペラしゃべられたのは嫌だった。友達に知られたくないようなことをしゃべられて恥ずかしかった…。」(20代男性/金融)

知り合いや友人など、第三者がいる前で彼の話をする場合には、少し話す内容に注意した方がいいですね。

嘘をつく

些細なことを嘘をついてしまう人はいませんか?

例えば、男友達と飲みに行くことになった時、彼を心配させたくないという気持ちから、思わず嘘をついてしまったり。

でも、もしあなたがついた嘘がバレてしまうと、それ以来、彼もなかなかあなたのことを信じることが出来なくなるでしょう。

「彼女が嘘をついて他の男と会っていることが分かった時、別れることを決意しました。」(20代男性/メーカー)

とっさに出た嘘が別れの引き金になる可能性もあるので、嘘はつかずに彼には正直に話したいですね。

おごってもらうのが当たり前

彼と食事に行った時、おごってもらうこともあるでしょう。

中には女性に食事代を出させないような男性もいるかもしれませんが、それを当たり前だと感じるのはやめておいた方がいいですね。

おごられるのが当たり前という態度を見せられた時、気持ちが冷めたという話はよく聞きますよ。

「お会計の時にまったく財布を出すそぶりがなくて、そのまま席を離れたときは正直冷めた。」(30代男性/コンサル)

彼が出してくれるのが当たり前な関係だったとしても、財布を出すようなそぶりはしましょうね。

その方が彼も「いいよ、ここは俺が払うから。」と気持ちよく支払いができると思います。

おわりに

いかがだったでしょうか?

あなたにとっては些細なことでも、男性にとっては不快な気分になることはけっこうあるものです。

どれも何度も繰り返していると、次第に彼も気持ちが冷めてきて別れに繋がってしまいます。

大好きな彼と長くお付き合いしたいなら、今回ご紹介したような行動は控えるようにしたいですね。

(愛カツ編集部)