画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは9月14日、肩にのせて使うウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を発表した。発売は10月14日。価格はオープンで、推定市場価格は税別25,000円前後。

SRS-WS1は、映画やライブ映像、ゲームなどを、音に包まれながら楽しめるというウェアラブルスピーカーだ。「音連動バイブレーション」を採用しており、左右のユニットに低音を増強するパッシブラジエーターを搭載。映画のアクションシーンや、ライブ映像におけるドラムやベースなどの低音と連動し、スピーカー本体が振動する。振動のレベルは3段階(強 / 中 / 弱)で設定。なお、振動をオフにすることはできない。

テレビとの接続は、付属の小型送信機と有線でつないで行う。送信機とスピーカー本体は、2.4GHz帯でワイヤレス接続する。

バッテリーを内蔵し、連続使用時間は約7時間。同梱される専用オーディオケーブルを使えば、スマートフォンや携帯ゲーム機との接続も可能だ。

スピーカー構成は30mm径のフルレンジ×2基で、本体重量は約335g。送信機や専用オーディオケーブルのほか、充電台、ACアダプター×2、microUSBケーブル×2、音声ケーブル、光デジタルケーブルが付属する。