米高校、銃撃で1人死亡 男子生徒を拘束

写真拡大

 アメリカ・ワシントン州の高校で13日、銃撃事件があり、生徒1人が死亡、3人がけがをした。撃ったのはこの高校の男子生徒で警察に拘束された。

 銃撃事件があったのはワシントン州ロックフォードの高校。地元警察によると13日、この学校に通う男子生徒が校内の廊下で銃を取り出し別の生徒が止めに入ろうとしたところ、複数回にわたって発砲した。この銃撃で止めに入った生徒1人が死亡、3人がけがをして病院に搬送された。発砲した男子生徒は拘束された。

 警察は、生徒たちから当時の状況を聞くとともに、犯行の動機などを調べている。