衝撃の訴え…激闘となった広州恒大vs上海上港の試合前に謎の事故多発で上海上港のバス到着が遅れる

写真拡大

▽激闘の末、広州恒大とのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝を勝ち抜き、ベスト4に進出した上海上港。しかし、試合の前に驚くべき戦いが既に始まっていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽中国スーパーリーグで戦う両者が激突したACL準々決勝。上海上港は、ホームで行われた1stレグで4-0と勝利し、2ndレグに臨んだ。

▽しかし、広州恒大のホームで行われた2ndレグでは、広州恒大が意地を見せて4ゴールを奪い延長戦に突入。上海上港はフッキのゴールで勝ち越すも、リカルド・グラルのゴールで追いつかれPK戦へ。4-5でなんとか勝利し、ベスト4に進出した。

▽思わぬ激闘となった一戦だったが、アンドレ・ビラス=ボアス監督が広州恒大からの妨害行為に遭っていたと発言。謎の事故が多発したことで、チームバスのスタジアム到着が遅れたことを明かした。

「我々はこの試合にバスでやって来た。似たような2台の車が、我々の前で3回事故に遭遇した。これは問題だ」

「これは、上海上港にとって、これまでで最大の成果だ。なぜなら、1つのクラブがAFCを支配しているように思えるし、このクラブはすべてを実行することができるからだ」

「彼らはホテルを封鎖し、我々の前で事故を起こさせることができる…それは恥ずべきことだよ」

▽この発言に対し、広州恒大は特にメッセージを出しては居ない。1stレグでは、広州恒大のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、ロッカールームのエアコンが故障しており、サウナのようだったとコメントしていたが、今回の件は仕返し(?)ということなのだろうか。