失明の原因となる病気

犬に比較的多くみられる2つの病気をご紹介します。

白内障(はくないしょう)

白内障とは水晶体内部のタンパク質が変化し、正常であれば透明な水晶体が白く濁ってしまう病気です。そのため網膜まで光が届きにくくなります。

原因

犬の白内障は人間の場合とは違い、若い年齢(4ヶ月〜3歳)で多く発生します。遺伝による物がおおく、以下の犬種で多くみられます。

ゴールデンレトリーバーラブラドールレトリバージャーマンシェパードミニチュアまたはスタンダードプードルミニチュアシュナウザーボストンテリア など

白内障の原因は他にもいくつかあります。
糖尿病、クッシング症候群、目への外傷、また先天性の白内障もあります。

症状/治療

はじめは光が当たったときに白く光って見えることがあります。
そのうち白い濁りは常に見えるようになっていきます。

物にぶつかる、つまずく、壁伝いに歩くなどの症状がみられるようになります。
また見えなくなった不安から夜鳴きをしたり、攻撃的になったりすることもあります。

治療としては外科手術が多く、人間の場合と同じ方法で手術を行います。

進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう)

進行性網膜萎縮症は網膜が萎縮してしまい、正常に動かなくなる遺伝性の病気です。一度発症すると確実に進行します。

原因

この遺伝子を持っている犬に発症する遺伝性の病気です。
進行性網膜萎縮症になりやすいのは以下の犬種です。

ラブラドールレトリバーミニチュアプードルシェルティアイリッシュセッター など

症状/治療

症状としては夜間や暗いところで目が見えにくくなるため、そういった時間帯での散歩に不安そうな様子を見せます。

また物につまずいたり、ぶつかったりすることがあります。
これは徐々に進行していき、最終的には明るい場所でも完全に見えなくなってしまいます。

治療法はなく、失明した場合には家具の位置を変えない、散歩の際には静かな場所を歩く、などできるだけ犬にストレスをかけないように過ごすことになります。

失明したときの注意点

犬の生活するスペースに危険がないかチェック!

まずは犬の生活する範囲で危険がないかチェックしましょう。

物にぶつからないようにする

ぶつかりやすい位置にあるものは移動させ、家具の角の部分にはコーナークッションをつけるなどして万が一ぶつかっても怪我をしないようにしましょう。

階段がある時

階段がある場合には柵をして階段に行かないようにして落下を防ぎます。お留守番の時や飼い主さんがお風呂に入る場合などには、なにかあってはいけないのでケージやサークルを利用してください。

室外で飼っている犬の場合は大きめのケージなどを用意したり、危険な場所には入らないように柵をしたりして対処しましょう。

犬が利用する物の位置は変えない

犬が混乱しないように家具の配置やサークルの位置、フード用の皿、トイレなどの場所は変えないようにしてください。

恐怖や不安を与えないように注意

失明した犬は見えないことへの不安から精神状態が不安定になることがあります。吠えたり咬みついたりすることもあります。

特に、急に近づく、急に大きな音を出すなどの行為は極力避けて下さい。
精神的に不安定な愛犬のお世話をするのは飼い主さんにとっても苦しいことですが、愛犬が安心できるのは飼い主さん今まで通り愛してあげることです。

声をかけてあげたり、優しく撫でてあげたりして安心感を与えましょう。

散歩は静かで安全な場所を選ぼう

散歩の際には必ずリードをつけて、障害物や段差などが少ない道を選びましょう。段差でつまずいたりして怪我をする可能性を少しでも減らすためです。

もしも段差がある場合には「気をつけてね」など声をかけてゆっくり進むようにしてください。
「まて」「ストップ」といったコマンドを覚えさせていると、とても役に立ちます。

また交通量が多くて雑音が多い場所や、人の行き来が多い場所などはぶつかったり事故に合う可能性が高いので、できれば控えて下さい。

「見ること」以外の楽しみを体験させよう!

体調等に問題がなければ積極的に外へ連れ出してみましょう。匂いや感触など、視覚以外でも楽しめるということを教えてあげて下さい。

目が見えなくても心地よいと感じることはできるので、一緒に日向ぼっこをする、マッサージをするなどしても良いかもしれませんね。

飼い主さんのことが好きな犬としては飼い主さんの声が安心できるので、いっぱい話しかけてあげて下さい。

まとめ

失明してしまった愛犬の介護は簡単ではありません。実際に経験しないとわからない苦労もたくさんあります。

しかし不便なことが不幸なことにならないように、小さなことでも良いので愛犬のためになることをしていきましょう。

不安や恐怖を抱えている愛犬の精神状態がひどい場合には、獣医さんやドッグトレーナーさんに相談してみるのも良いでしょう。

一緒に暮らせて幸せだと思えるようにしたいですね。