田中みな実『anan』美乳特集で 大胆な“肘ブラ”に挑戦

写真拡大

フリーアナウンサーとして活躍中の田中みな実さんが、9月13日発売の『anan』2069号の「美乳強化塾」特集で、大胆な“肘ブラ”を披露したことが話題になっている。

実は大きい胸がコンプレックスで、局アナ時代はもちろん、最近まで極力隠していて、とても自信がないパーツだったという田中さん。
しかし30歳になった今、「もう体をごまかしたり、隠したりするのはやめよう」と決意し、「隠しても潰しても自分の胸。それならキレイに見せたほうがいい」とパーソナルトレーニングを始めた。

その結果、コンプレックスだった胸への意識は大きく変化。次のようにコメントしている。

「自分の胸を好きになったら胸はどんどんキレイになりました」
「週に2回のトレーニングを実行したら、今のカラダがいちばん好き、と言い切れます!」


また、胸がもっともきれいに見えるという点が決め手となった表紙には、スタッフ一同が感服したエピソードがある。
通常、撮影では「着ている状態」から「裸に近い状態」という流れだが、下着などをつけてしまうとその跡が残ってしまうこともある。そのことを知った田中さんは、「じゃあ上半身裸のパターンからやりましょうか〜」と言い、手や肘で胸元を隠すだけという衝撃カットから撮影が始まったというのだ。

『anan』2069号では、コンプレックスだった胸を愛せるようになった姿が、グラビア8ページにわたって掲載。キュートな表情から妖艶な表情まで、さまざまな顔を見せている。

(ライター/大村佑介)

【関連記事】

「イカされるのではなく、イク」女性がセックスを楽しむための金言
話題の小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』、読者を引き付ける“文章の工夫”とは?