浦和レッズのDF槙野智章【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「正直、(中村)憲剛さんがいるほうが嫌でしたね」

 浦和レッズが奇跡の逆転勝利をあげて、2008シーズン以来、通算3度目となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のベスト4進出を決めた。川崎フロンターレの先勝で迎えた13日の準々決勝第2戦で、前半19分に先制される苦境から怒涛の4連続ゴールをゲット。2戦合計で5‐4と大逆転を果たしたホーム・埼玉スタジアムでの大一番にかけた3人のベテラン、FW興梠慎三(31)、MF柏木陽介(29)、DF槙野智章(30)が胸中に秘めた思いに迫った。(取材・文:藤江直人)

----------

 フォーメーションが後半の途中から変更されていたことを、浦和レッズのDF槙野智章は知らなかった。正確に言えば、ベンチの首脳陣やピッチ上のチームメイトたちから知らされていなかった。

「試合が終わってから知りました。そのへんは伝達をしっかりやってくれと言いましたけど。僕、左サイドで(ベンチの)一番近くにいたのに、教えてくれなかったので」

 ミラクルな大逆転勝利の余韻が、色濃く残っていた試合後の取材エリア。思わず苦笑いを浮かべた槙野だったが、たとえ伝達されていたとしても、やるべき仕事は変わらなかっただろう。

 DFマウリシオに代わってFWズラタンが投入されたのが、1‐1で迎えた後半18分。レッズはそれまでの「4‐1‐4‐1」から、フォーメーションを「3‐5‐2」にスイッチしている。

 槙野のポジションは左サイドバックから左ストッパーに変わった。マイボールになるとアンカーの青木拓矢が最終ラインに下がって4バック気味になる、お馴染みの可変システムで高い位置を取り続けた。

 右サイドバックから右ストッパーに変わった森脇良太も然り。必然的に2人の後方には大きなスペースが生まれるが、それでもリスクを冒せるだけの状況が長く続いていた。槙野が続ける。

「正直、(中村)憲剛さんがいるほうが嫌でしたね。ボールを拾われたときに憲剛さんと大島(僚太)選手にわたってしまうと、そこでタメを作られてしまう。その意味では僕たちもなかなか上がるチャンスがなかっただろうけど、あの2人がいないことで思い切りよくゴールに向かうプレーが数多くできたと思う」

 川崎フロンターレの大黒柱、MF中村がピッチを後にした前半42分。埼玉スタジアムで13日夜に行われた、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦のターニングポイントが訪れた。

 左サイドバック・車屋紳太郎の一発退場で10人になっていたフロンターレは、ボランチの大島を一時的に左サイドバックに下げた後に、中村に代えてMF田坂祐介を車屋の位置に投入していた。

「一人減ってしまったので、運動量が必要になるだろうということで代えました」

 これまでの公式戦でも、後半途中には決まって36歳の中村をベンチに下げていた鬼木達監督は試合後にこう説明した。一発退場という緊急事態を受けてそのパターンを早めたが、結果として中村から繰り出されるカウンターというリスクが消滅した。右足首を痛めていた大島も、後半20分にベンチへ下げざるをえなくなった。

絶望的な雰囲気漂うも…泰然自若としていた背番号5

 退場のシーンは左タッチライン際で競り合ったFW興梠慎三の額を、振り向きざまに左足を高く上げた車屋のスパイクの裏がかすめた前半38分の行為が、サウジアラビアのファハド・アルミルダシ主審に危険なプレーと見なされた。

「ポイントが少しだけおでこに当たったけど、あれはかわいそう。普通はイエローだけ。でも、ACLで中東の人が笛を吹くと、ああいうのにすぐレッドカードを出しちゃう。何度かそういう中東のレフェリーを経験しているから。感覚がちょっと違うので。特に中東の人が吹くときは、気をつけてやっている」

 鹿島アントラーズ時代を含めて、ACLで50試合近くを戦ってきた濃厚な経験が生きた。退場劇のわずか3分前にはMF矢島慎也のスルーパスに抜け出し、同点弾を決めている31歳のベテランはこう続けた。

「ひと言でいうと、退場がものすごく大きかった。それ(同点ゴール)も大きかったけど、何よりもあの退場でいけると思った」

 等々力陸上競技場で8月23日に行われた第1戦を、1‐3の完敗で落としていた。もっとも、アウェイゴールが希望を紡いだ。ホームで2‐0で勝てば、逆転で9年ぶりに準決勝へ駒を進められる。

 描いていた青写真は、前半19分に崩れかけた。DFエウシーニョに最終ラインの裏に抜け出され、与えてはいけないはずのアウェイゴールを喫した。絶妙のスルーパスを出したのは中村だった。

「いままでサッカーをやってきたなかで、どうしたらいいかちょっとわからないくらいの……何から始めていいのかわからない状況でした」

 23歳の矢島が漏らした偽らざる本音が、チーム内に漂いはじめた絶望感に近い雰囲気を物語る。もっとも自身の背後をエウシーニョに突かれた30歳の槙野は、泰然自若とした姿勢を取り続けた。

「ただでさえ自分たちはマイナスからスタートしていますし、1点を取られないように試合には入りましたけど、1点取られた後のメンタリティーというのも少しは準備していた部分はあったので。1点取られれば3点取ればいいじゃん、という構えでしたし、その意味では落ち着いてゲームを運べていたのかなと」

ロッカールームでの檄。「自分に言い聞かせていました」

 同点のまま迎えたハーフタイム。最低でもあと2点が必要な状況で、ロッカールームで「絶対に希望を捨てるな」という言葉とともに、信じる気持ちをもち続けようと檄を飛ばした。

「みんなにはそう言っていましたけど、あえて自分に言い聞かせていましたね」

 ちょっぴり照れながら本音を明かす槙野は、熱い思いを胸に抱きながらキックオフを迎えていた。簡単にはあきらめられない理由があった。勝利と笑顔を届けたい存在がいた。

「今日の試合を迎えるにあたって、クラブのスタッフがビラ配りをしてくれていることも知っていたので」

 平日水曜日のナイトゲームは、リーグ屈指の集客力を誇るレッズでもさすがに苦戦を強いられてきた。ゆえにスタッフ総出で必死に告知に務め、観客を動員してフロンターレにプレッシャーを与えたかった。

 第1戦で貴重なアウェイゴールを決めながら、累積警告で第2戦が出場停止となっていたMF武藤雄樹も、けがで戦線離脱中のMF宇賀神友弥もビラ配りに加わっていたことも知っていた。

 柏レイソルを埼玉スタジアムに迎えた9日の明治安田生命J1リーグ第25節では、ACLにも足を運んでほしいとサポーターたちが周囲に必死に呼び掛けてもいた。レイソル戦に招待した知人から、そうした動きがあったことを槙野は知らされていた。

「あとは僕たち選手が、グラウンドのなかで結果を出すだけだと思っていた。クラブのスタッフの働き、サポーターの皆さんの影の働きを合わせた3つが重なって、みんながチームのために働いたことでこうやって結果を出せたと思っています」

 観客数は2万6785人を数えた。レッズ側のゴール裏は真っ赤に染まり、ピッチで戦う選手たちを鼓舞。ファンやサポーターたちの目の前で、後半に3ゴールを奪って奇跡の勝利を届けた。

第1戦では無念の欠場を強いられた柏木。第2戦に照準を合わせたリハビリ

 後半だけで13本を数えたコーナーキック。そのうちの9本目となった後半30分のそれを、途中出場のズラタンが決めて逆転した。フロンターレに推進力がなくなったと見たレッズの堀孝史監督が、3バックに変えて前線の圧力を強めたさい配が鮮やかに的中した。

 直後に矢島に代えてMF駒井善成を右アウトサイドに投入。シャドーにポジションを移したラファエル・シルバが、2戦合計で同点に追いつく3点目を後半39分に決めた。2つのゴールを立て続けにアシストしたMF柏木陽介は3‐1となった瞬間に、90分間での逆転勝利を確信した。

「ゴールを取りにいこうという気持ちが、みんなから見えていたというか。延長戦までいかせずに終わらせるという気持ちがあったから。水曜日にこれだけの観客が入ってくれてすごく後押しされたし、すべてを含めて、神様がオレらの前向きな頑張りというものを見てくれたのかなと」

 言葉通りに、わずか2分後に激戦に決着をつけるMF高木俊幸の決勝ゴールが生まれる。緩やかな軌道を描いた絶妙のクロスでアシストしたのは、槙野とともに高い位置を取り続けていた森脇だった。

 第1戦で柏木は無念の欠場を強いられている。一度は先発に決まっていたものの、試合前のアップで左足のつけ根に違和感を覚え、満足のいくプレーができないと堀監督に訴えた。以来、照準をACL準々決勝第2戦に定めてリハビリに務めてきた。

「理想を言えば柏戦で(復帰)、という気持ちはあったけど、同じところを今年だけで3回目だから。無理しても仕方ないし、もう一度外れてコンディションをあげたいと堀さんには話をした。そこでしっかり練習できたから、今日こうやってプレーできたと思う」

唯一ぶれずに変わらなかった「ACL制覇」の目標

 90分間フル出場を果たし、2つのアシストが評価されてマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれた29歳は決戦前夜の12日にある試合の結果を見て心を震わせ、気持ちも新たに第2戦を迎えていた。

 上海上港と広州恒大の中国勢同士によるACL準々決勝第2戦。初戦を0‐4で落とした広州恒大がホームで4点を奪い、延長戦でリードを許すも終了間際に同点に追いつく執念を演じていた。

 結果的にPK戦の末に涙を飲んだが、心がかき立てられた。振り返れば、第1戦を0‐2で落としながら逆転勝ちした済州ユナイテッドFC(韓国)との決勝トーナメント1回戦でも、FCバルセロナがパリ・サンジェルマンを大逆転で下したUEFAチャンピオンズリーグに刺激を受けていた。

「何かわからないけど、オレらってこういうときにいつも。前回はバルサが逆転して、今回は広州。すごいモチベーションになるし、本当にありがたいなと思いますよね」

 開幕直後の無双ともいえる強さが急激に影を潜め、まさかの苦戦を強いられてきた今シーズン。7月にはミハイロ・ペトロヴィッチ監督が解任される激震にも見舞われ、YBCルヴァンカップ連覇の夢も断たれた。

 残り9試合となったJ1では、首位の鹿島アントラーズに勝ち点16ポイント差の8位に甘んじている。バトンを引き継いだ堀監督のもと、レイソル戦からは慣れ親しんだ可変システムとは別のフォーメーションで戦っている。

「監督が代わって、システムもメンバーも変わったなかで唯一、ぶれずに変わらなかったのはACLを取りたいという目標だった。いまはステージをひとつ上がっただけですけど、とにかく決勝に進んでタイトルを取りたい。それに尽きるし、リーグ戦もまだ上位を狙えるチャンスもあるので。戦っていくだけです」

 槙野が決意を新たにした。準決勝で激突する上海上港とは、グループリーグでも顔を合わせた。敵地で2‐3と負けたものの、ホームでは1‐0の勝利を飾っている。敵地に乗り込む27日の第1戦ではあのころとは違った、どん底からはい上がってきた強さを身にまとったレッズを見せたい。

 その前に中3日でジュビロ磐田とのリーグ戦が敵地であり、連覇を狙うアントラーズと激突する天皇杯4回戦も20日に待つ。興梠の濃密な経験。柏木の内に秘めた静かなる闘志。そして、槙野の熱き思い。ベテランたちにけん引されるかたちで、レッズが高らかに復活への雄叫びをあげた。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人