醍醐味の語源は「蘇(そ)」にあり?古代ロマンあふれる再現グルメ・蘇とは?

写真拡大 (全3枚)

幻の古代食『蘇』は食べる薬だった?

近年、大昔の食事を再現したグルメが根強い人気を持っていますが、奈良県を中心にお土産として販売されている古代の食品『蘇(そ)』があります。これは牛乳を加工して作られたものですが、これには壮大なドラマが秘められていたのです。

魚や野草が豊富で農耕民族でもあった我が国には、乳製品を食べる慣習はありませんでした。そんな日本に乳製品をもたらしたのが、仏教文化を伝えた渡来人でした。大陸の寒い地域では乳製品を多く食べますし、仏教を開かれたお釈迦様が信者から牛乳を寄付された逸話があるように、仏教に牛乳は付きものです。

多くの渡来人が日本に帰化した飛鳥時代は、朝鮮半島との交易や遣隋使などで大陸文化を取り入れた大和朝廷では、貴族を中心に牛乳を用いた『蘇』という食べ物が人気を博し、滋養薬としても食べられていました。

この時代きっての偉人として名高い聖徳太子は大陸の文物や制度を広く取り入れ、施薬院と呼ばれる施設で民生向上にも貢献したため、こうした乳製品を薬用として用いていたのは想像に難くありませんが、残念ながら当時の製法は伝わっていません。

『醍醐味』の語源は蘇にあった!

『蘇』と言う乳製品は、存在したのは確かなのですが製法が不明で、牛乳を煮詰めた練乳状の食べ物と言う説もあれば、皮膜を集めた湯葉状のチーズだったともされ、定かではありません。

平安時代から設けられた典薬寮という朝廷附属の医療機関では乳牛院なる部署があり、牛乳を煎じて蘇を作っていました。仏教の経典には蘇と同一説がある『生酥(しょうそ)』というものが記されており、この生酥から『熟酥(じゅくそ)』を作り、熟酥を加工して、濃厚な味わいを持っているといわれる『醍醐』に至りました。

こうして作り出された『醍醐』のたとえ話は仏教の中でも最上の教え、転じて本当の面白さや味わい深い事を意味する『醍醐味』の語源となりました。我々が何気なく使っている言葉には、古代日本で好まれた乳製品が深く関わっていたのです。

なかなか難しい『蘇』の再現

『蘇』は平安時代以降、一部の貴族や寺社を除いては日本人に顧みられなくなりましたが、現代では企業や研究者、もしくは個人で蘇を再現する試みが行われています。牛乳をじっくり煮詰める製法は、シンプルな手順ながらも焦がしたりしないようにする必要があるため、かなり困難を極めるものと思われます。

そうした方達のたゆみなき努力のお陰で、試行錯誤を経て“蘇った”『蘇』のレシピが多くの書籍やサイトで紹介されるようになりました。

ちなみに、筆者が初めて蘇を食したのは建国神話の主人公である神武天皇の伝説が今も息づく橿原市でした。奈良県を旅行することがあれば、古代の英雄達が愛した『蘇』を味わって古代日本に夢見るのも一興かもしれません。