浅田真央

写真拡大

14日放送の「PON!」(日本テレビ系)で、元女子フィギュアスケート選手の浅田真央が、姉でタレントの浅田舞と殴り合いのケンカに及んだ過去を明かした。

番組ではデパート「日本橋タカシマヤ」で開催中の「美しき氷上の妖精 浅田真央展」に出席した真央をブルゾンちえみwith Bが直撃取材した。

ブルゾンは取材の中で真央に、舞と「ハワイのゲームセンターで殴り合いのケンカをした」との情報を持ち出す。仲の良いイメージがある浅田姉妹だが、果たして本当なのかというのだ。この問いに、真央は「恥ずかしいけど事実」だと認めた。舞が「お怒りモード」で殴ってきたので、真央も殴り返したのだとか。

「殴り合い」が勃発したのは、舞がゲームセンターでステップを踏むダンスのゲームをプレイしたときのこと。事前にきちんと説明書きを読まなかったため、30秒も経たずに失敗して終わったという。真央は説明書きを読むように何度も注意したそうで、それが気に障ったのか舞は「うるさい!」と怒り、殴りかかってきたとのこと。

事の顛末を聞いたブルゾンが「ちょっと失礼ですけど、くだらん理由でしたね!」と感想を述べると、真央も「恥ずかしいからこんな話したくない」とこぼしていた。

【関連記事】
ハライチ・岩井勇気 浅田真央さんに関する発言の真意「記事になると嫌な感じに」
上沼恵美子 浅田真央さんに負い目「私たちが悪い」「スターには期待しちゃう」
石原良純 浅田真央さんへの国民栄誉賞授与に否定的意見「もらわない方が楽」