アーセナルの“創造者”エジル、2つの理由で交渉決裂か

写真拡大

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)の去就問題におさまる兆しがない。

▽アーセナルとの現行契約が2018年で満了を迎えるエジル。しかし、依然として延長合意に至っておらず、様々な憶測が飛び交い続けている。ドイツ『ビルト』によれば、エジルとアーセナルの交渉は、ほぼ決裂した状況にあるという。

▽その中で、『ビルト』は、エジルが新契約へのサインを渋っている理由を列挙。アーセン・ヴェンゲル監督の将来が不透明な状況にあること、そしてアーセナルから自身の求める週給のオファーが届いていないことを挙げている。

▽エジルは、2013年夏にレアル・マドリーからアーセナルに加入。アーセナル屈指の創造者として、在籍4シーズンで公式戦通算165試合32得点57アシストをマークしている。