画像

写真拡大

 米IBMとマサチューセッツ工科大が共同で人工知能に関する研究所を設立する。10年間で2億4,000万ドルの投資を計画しており、長期的かつ巨大な産学連携となっている。

 米IBMとマサチューセッツ工科大学(以下、MIT)は連携し、MIT-IBM Watson AIラボを設立するために、10年間にわたり2億4,000万ドルの投資を計画していることを発表した。同研究所では、人工知能(AI)に関する基礎研究を行い、AIの潜在能力を引き出す科学的ブレークスルーの促進を目指す。

 具体的には、ディープ・ラーニング(深層学習)やその他の分野に関連するAIハードウェア、ソフトウェア、アルゴリズムを発展させ、ヘルスケアやサイバーセキュリティーなどの業界におけるAIの利用効果を高め、社会に与えるAIの経済的および倫理的な影響について研究する狙いだ。

MarkeZine編集部[著]