(撮影=Tatsuya Kawasaki)

 歌手の天月-あまつき-(26)が10日に、熊本城二ノ丸広場特設ステージで全国ツアー『やりたい放題TOUR 2017』のファイナルとしてフリーライブをおこなった。ライブでは「LIFE!!」や、復興支援の応援ソングとして制作した「ツナゲル」を演奏。天月-あまつき-は「2年越しの思いが届けられて良かった!」と念願叶った熊本でのライブを言葉にした。

 2016年、熊本でのイベント出演直後に発生した熊本地震。その当時、docomo東北復興・新生支援『笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト』として応援ソング「LIFE!!」を制作していたこともあり「自身でも何か出来ることを」とYouTubeでミュージックビデオを公開したところ、全国から熊本に向けて沢山のコメントや「熊本へもいつか来てほしい!」という声が寄せられた。そんな出来事から早2年。天月-あまつき-はツアーファイナルを熊本で、さらにフリーライブというかたちで実現することになった。

 この日集まったオーディエンスは4000人以上。天月-あまつき-の登場とともに、巻き起こった大きな歓声でライブはスタートした。ライブでは「LIFE!!」そして、同じく復興支援の応援ソングとして制作した「ツナゲル」を演奏し「2年越しの思いが届けられて良かった!」と話す天月-あまつき-。

(撮影=Tatsuya Kawasaki)

 さらに「(僕の歌が)少しでも日常に彩りをつけあげられるのなら、こんなに嬉しいことはないです。楽しんでくれる皆さんがいるから、僕は歌える。ありがとう!」と、最後は「Hello,My story」でライブを締めくくった。

 なお、天月-あまつき-は12月10日に東京・中野サンプラザを皮切りに年をまたぎながら、全国6都市のホールワンマンツアーを開催する。