アウベスを手本としているセメド

写真拡大

FCバルセロナのポルトガル人サイドバック、ネルソン・セメドはチームで先発の座をつかんでいる。セメドはバルサの選手としてのチャンピオンズリーグデビューとなったユベントス戦で再び素晴らしいパフォーマンスを披露した。

試合後、多くの賞賛を受けたセメドはこのように主張した。
「僕は常にベストを尽くそうとしている。監督は僕を信頼してくれた。僕はチームを助ける最善の方法でそれに応えようとしているよ。」

ネルソン・セメドはバルセロナで成功を収めたいと考えており、それを成し遂げるにはダニエウ・アウベスのような元ブラウグラナの選手に相当するプレーを披露する必要がある事を理解している。

「毎日、僕は改善し、よりうまくやろうとしている。学ぶべき事はたくさんあるが、以前にも言ったようにダニエウ・アウベスが僕の模範だ。僕は彼に習い、彼のレベルに達する事ができるよう頑張る。現時点で僕はバルセロナの成功に貢献できる立場にある事を幸せに思うよ」セメドはそのように語った。