インド西部アーメダバードの空港に到着した安倍晋三首相(右から2番目)と昭恵夫人(右、2017年9月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】安倍晋三(Shinzo Abe)首相は13日、インド西部アーメダバード(Ahmedabad)の空港に到着し、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相の出迎えを受けた。14日には、新幹線方式を採用したアーメダバードとムンバイ(Mumbai)を結ぶ高速鉄道の起工式に出席する予定。

 インドでは一日あたりの鉄道利用者数が約2200万人に上る。一方、2012年に政府が発表した報告書によると年間1万5000人が鉄道事故で死亡。モディ首相は、鉄道インフラの近代化を公約の一つとしており、その中には高速鉄道の導入も含まれていた。
【翻訳編集】AFPBB News