人工知能をクラウド化する「クラウドAI」の勝者はどこだ?

写真拡大

「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」やマイクロソフトの「Azure」に代表されるクラウドプラットフォームは、従来のデータストレージに比べてセキュリティや柔軟性、アクセス性が格段に向上している上に、コストも安い。

また、データセンターの処理能力も、一般的なワークステーションより圧倒的に高い。クラウドプラットフォーム間の競争が激化する中、企業向けサービス最大手のグーグルは、新たな機能の提供を明らかにした。

同社は5月に行われた開発者向けカンファレンス「I/O 2017」で、機械学習に最適化したチップ、「Tensor Processing Unit(TPU)」のセカンドバージョンを発表したが、この新型TPUが、間もなくグーグルクラウドを介して利用可能になる。これは、クラウドサービスの新時代の到来を告げるといっても過言ではない出来事だ。

個々のTPUの処理能力は180テラFlops(1秒間に180兆回の演算が可能)で、64個のTPUを相互接続した「TPUポッド」は11.5ペタFlopsの処理能力を発揮する。つまり、グーグルのクラウドTPUは、現在市場に出回っている最高品質の機械学習チップの12倍を超える処理能力を誇ることになる。

「クラウドの歴史はまだ浅いが、既に巨大なプラットフォームが形成され、あらゆる分野で活用されている。AIのパワーが加わることにより、クラウドがさらにパワフルなコンピューティング・プラットフォームになることは間違いない。我々のようにクラウド上でアプリケーションを提供する企業にとっては、非常に明るいニュースだ」とHRソフトウェアのCEO、Jeff Klemは述べている。

MSは「リアルタイムAI」を目指す

一方でマイクロソフトもクラウドにおけるAIの強化に取り組んでいる。マイクロソフトは現在、画像認識や言語認識をはじめとする20種類ものAIサービスをAzureの利用者に提供している。同社は、「Project Brainwave」というプロジェクトを立ち上げ、再プログラミングが可能なFPGA(field-programmable gate arrays)チップを用いることで、データセンターにおける「リアルタイムAI」の実現を目指している。

このプラットフォームは、グーグルのAIサービスよりもさらにパワフルで応用範囲も広いとされる。

ソフトウェア開発やアプリ開発、ウェブデザインの領域では、AIは既に必要不可欠な技術になっている。音声アシスタント以外にも、自撮りやデータ整備、情報提供などにAIを活用したアプリが次々と開発されている。グーグル、マイクロソフト、アマゾンの3社は、クラウド上で機械学習ソリューションを提供し、最も多目的なクラウドプラットフォームになるべく熾烈な競争を展開している。

「テクノロジー業界では、機械学習をコモディティ化したサービスとして提供する競争が繰り広げられている。プレビルドされた機会学習モデルには、数十億ドルもの価値がある。地球上で最大のテクノロジー企業がこの競争に参加している」とFree Code CampのTerren Petersonは話す。

かつて、クラウドサービスといえばストレージが主な用途だったが、今日では企業経営やオペレーション管理、ソフトウェア開発をはじめ様々な目的で使われている。クラウドベースのアプリケーションに対するニーズがますます高まる中、クラウドプラットフォーム各社にとっては、機械学習技術の開発に投資する絶好のタイミングだと言える。

マイクロソフトとグーグルがAI分野で覇権争いを繰り広げる一方、アマゾンはクラウドサービスのリーダーとしての地位を守ろうとしている。どの企業が首位の座を勝ち取るかは、時が経たなければわからないだろう。