【あんこが均等】一口サイズで食べやすい「大福」の切り方

写真拡大 (全3枚)

皮とあんこが均等!?究極の切り方とは?


もっちりとした皮の中には、あふれんばかりのあんこが詰まっている大福。最近ではいちごやみかんなど、ジューシーな果物が入っているものもあるので、丸ごとかぶりつく人にはちょっと抵抗ある…と感じている人も多いはず。そこで、皮とあんこを同じバランスで食べ続けることができる大福の切り方を、クックパッド編集部は見つけました。これなら、皮とあんこのおいしさを最後まで味わい尽くすことができますよ。

それでは、大福の切り方をご紹介します!


お皿の上に置いた大福を、6等分になるように包丁やナイフなどで切り分けるだけ。大福の大きさによっては、4等分や8等分にカットしてもOKですよ♪

大福だけじゃなかった!応用できる切り方は、こちらを


私の大福の食べ方(切り方)

by プンプン庵

大福は一口サイズに切ってパクッと食べています(゚∇^*)♪
2012/4/2話題入りありがとう❤

バースデイどら焼きまで登場!


つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)には、「今までかぶりついてたけど(笑)これなら中のクリームが均等に」「どこから食べてもあんこが均等で嬉しい」と、切り方に大満足するコメントがアップされています。中には、大きなどら焼きをケーキのように切った「バースデイどら」まで登場。なんだか切るだけで、おめでたい気分になりますね。


この切り方なら、切り分けた時のサイズも均等になります。これからは1つの大福をめぐって、ケンカになることもなさそうですね。一口ずつかみしめる甘い幸せを、ぜひご堪能あれ〜♪

執筆:富田チヤコ


フードライター&コピーライター、管理栄養士

雑誌やWEBなどで、「健康」「食」に関する栄養コラムなどを執筆しています。
わかりやすく、食の楽しさを伝えます。