「ヌードル」デビューコレクション

写真拡大

 アートディレクターや映像ディレクターとして活動する田中秀幸と、きゃりーぱみゅぱみゅや椎名林檎の衣装を手掛けるスタイリストの飯嶋久美子が、実験的ファッションプロジェクト「ヌードル(Noodle)」をスタートした。幻想シティカジュアルをテーマに、「いまのファッションに飽きた人」「服に刺激を求めている人」に向けたひねりのある服をメンズとウィメンズで提案する。
 プロジェクト名は麺類好きという2人の共通点と「どこかアジアっぽさがある」ことに由来。デビューコレクションは「Premium error collection」と「Noodle Textile collection」という2つのテーマのもと発表した。
 「Premium error collection」では、工業的に大量生産されるマスプロダクトにおいて、エラーコインやエラーカードといったエラー品がコレクターの間でプレミアムな価値を持つことに着目。ポロシャツやメッシュキャップといった量産的なアイテムに、ファクトリーオートメーションにおけるエラーが意図的にデザインとして取り入れられた。胸元にオリジナルキャラクターのヌードルマンがあしらわれたポロシャツは、大きすぎる襟や短すぎる丈、左右で大きさが異なる袖などさまざまな"エラー"をデザイン。バーキンを彷彿とさせるビジュアルに「Made in China」の文字がプリントされたバッグは、2つ合体したかのようなデザインに仕上げられた。メッシュキャップは数段重ねられ、段が増えるごとに価格が上がる。予定価格は、ポロシャツが1万9,000円〜3万9,000円、メッシュキャップが3万2,000円〜4万円など。
 「Noodle Textile collection」では、田中がこれまでテレビゲームやアニメーションなどで展開してきたイメージをテキスタイル化し、飯嶋が幻想都市のストリートファッション、リゾートファッションをテーマにウエアに落とし込んだ。「スーパーラヴァーズ(SUPER LOVERS)」や「OH!スーパーミルクチャン」のキャラクターデザインを手掛けてきた田中によるポップなイメージが総柄でプリントされたシャツ(3万9,000円)やスカート(1万8,000円〜3万8,000円)、ワンピース(2万7,000円〜4万2,000円)、スエットパンツ(2万7,000円)、スエットパーカ(2万8,000円)などをラインナップする。
 ヌードルは9月13日と14日の2日間、恵比寿・リキッドルーム2階のKATA Galleryでデビューコレクションの展示発表会を開催。ECサイトのオープンは10月、デビューコレクションのデリバリーは2018年初頭を予定している。今後の展開について田中は「コレクションの発表形式や頻度、販売方法など、自由に、実験的にやっていきたい」と話した。