みやぞん(ANZEN漫才)

写真拡大

13日放送の「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ系)で、ANZEN漫才のみやぞんが、自身の弱点を「明石家さんま」だと告白した。

番組では「ホンマでっか!? 人生相談」のコーナーで、この1年にブレークをとげたみやぞん、サンシャイン池崎、アキラ100%の3人が顔を揃え「さんまさんのように芸能界で生き残るにはどうしたらいいですか?」という悩みを、司会の明石家さんまに打ち明けた。

中でも、みやぞんは自身の弱点を「さんまさん」と告白。「さんまさん大好きでして」と、自身をミーハーだと強調するみやぞんは、有名人や芸能人と仕事で頻繁に顔を合わせても、数日経つと初対面のように緊張してしまうのだそうだ。

さんまが「でも、死ぬほど会ってるぞ? オレら。100回くらい会ってるんじゃないの?」と不思議がると、みやぞんは「僕、楽屋で目を合わせたことは1回もないんですよ、実は!」と、さんまに対して極度の緊張を訴えた。楽屋挨拶でも「いつも感謝してます!」と早口で述べ、足早に退室するという。

みやぞんはさんまへのリスペクトを「僕がサルだとして、さんま師匠は人間なんですよ。住む次元が違うというか!」と力説。この喩えには共演者から「その喩えしかなかった?」「それは、さんまさんが『神』でええんちゃうの?」「 なんで自分をサルにするねん」とのツッコミが相次いでいた。

【関連記事】
ANZEN漫才・みやぞん 高速道路でハンドル操作がきかずに1回転した過去
みやぞんがブレーク前の極貧生活を明かす…6畳一間に親子6人 誕生日には山盛りほうれん草
みやぞんが複雑骨折の大怪我を負った顛末に中山秀征も「そんなことある!?」