香川のアシストは「完璧なお膳立て」 ドルトムント敗戦も独紙がチーム2位タイ評価

写真拡大

今季初先発でヤルモレンコの一撃を演出も、トットナムに1-3で敗れCL黒星発進

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節の敵地トットナム戦に今季初めて先発出場し、一時同点となるゴールをアシストした。

 後半は精彩を欠いたが、現地メディアからは「完璧なお膳立て」と評され、軒並みチーム2位タイの採点となっている。

 ドルトムントは前半4分に韓国代表FWソン・フンミンにゴールを決められ、先行を許した。その7分後の同11分、香川はペナルティーエリア内右でウクライナ代表FWアンドレイ・ヤルモレンコからのパスを受けると、一瞬ボールキープしてからバックパス。再びパスを受けたヤルモレンコが得意の左足で鮮やかなミドルシュートを放ちネットを揺らした。

 その後、ドルトムントは相手エースのイングランド代表FWハリー・ケインに2得点を奪われて1-3で敗戦。香川も後半21分にMFマリオ・ゲッツェとの交代でピッチを後にした。後半はボールタッチが少なく、チャンスに絡むことができなかった。

各紙が軒並みチーム2位タイの「3点」評価

 ドイツ地元紙「ルールナハリヒテン」による選手採点(1が最高)で、ドルトムントのトップ評価はスコアラーのヤルモレンコで2点。香川はFWピエール=エメリク・オーバメヤンとともに3点で2位タイと、まずまずの評価を下された。GKロマン・ビュルキ、DFウカシュ・ピシュチェク、DFソクラティス・パパスタソプーロスがワーストタイの5点。左サイドバックのDFジェレミー・トルヤンが4.5点と、3失点の守備陣には辛口の採点となった。

 「WAZ」紙の採点でも、トップはヤルモレンコで2.5点。「クオリティーを示した。ペナルティーエリア端からのシュートは完璧」と評された。香川は「(ヤルモレンコへ)完璧なお膳立て」とアシストのパスを評価され、ここでも2位タイの3点評価となった。

 同紙ではビュルキが単独ワーストの5点となり、3失点を喫した守護神にとっては受け入れがたい一戦となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images