エミル・フォルスベリ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、RBライプツィヒはホームでモナコと対戦し1-1で引き分けた。

 クラブ史上初のCL出場となったライプツィヒは33分にスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリが初ゴールを決めるも、直後に失点し初勝利とはならなかった。

 試合後フォルスベリは「ライプツィヒにとってCLで初めてのゴールを決めることが出来て特別な気持ちだし誇りに思っている。直後に失点したのは残念だったが、強豪モナコ相手に引き分けられたのは上出来だ」とコメントしている。

 次節ライプツィヒは26日にアウェイでベジクタシュと対戦する。今度はCL初勝利を挙げることが出来るのだろうか。

text by 編集部