油揚げに詰めてから巻く「肉巻きおにぎり」が作りやすい&ボリューム満点!

写真拡大 (全5枚)

不器用さんでもキレイに作れる


秋になり、運動会や行楽のシーズンになりました。見栄えのいいお弁当おかずが知りたいという声も多いのでは?そこで、おすすめなのが、ちょっと変わった「肉巻きおにぎり」です。じつはこのレシピ、油揚げにご飯を詰めてから肉で巻く、というもので、不器用さんでもキレイに巻けるのが特徴。全部肉で作るより、火の通りも早くて時短にもなります。また、油揚げでかさましすることで、ボリュームもアップ。肉の量が少なくてもOKなので、節約にもなりますね。

多少やぶけても、即リカバー


油揚げは「すし揚げ」を使うのがおすすめ。多少やぶれても、肉で巻くときに補修できるので、心配ありません。ごはんに、ごまや大葉、みょうがなどを入れても美しいですね。


行楽・お弁当*油揚げで簡単肉巻きおにぎり

by まこりんとペン子

油揚げにご飯を詰めてお肉をクルッと巻くだけ♪超時短でお肉も節約!その上ボリュームアップの嬉しいお手軽肉巻きおにぎりです!

レシピのポイントは?


ごはんを詰めて、油揚げの口をしっかり閉じる

ごはんを詰めたら、油揚げの口を閉じます。


閉じ目を下にして、肉を巻く

肉の上に、ごはんを詰めた油揚げをオン。閉じ目を下にすると、スムーズです。


照り焼きのタレを絡ませる

肉巻きおにぎりにタレで調味するときは、ムラなく味が絡むよう、転がしながら。焦げないように注意しましょう。


リピ決定の美味しさ&作りやすさ♪


つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)にも、「崩れず食べられて本当に美味しかった」「大好評だったのでお誕生日会にもリピ」など、レシピの味と作り方が大好評!

秋はお弁当を作る機会がぐんと増えますよね。失敗なく、美味しく作れるテッパンレシピを持って、少しでも楽な気持ちでお弁当づくりにのぞんでくださいね。(TEXT:RIKA)