県は、18日の敬老の日を前に県内の長寿者数をまとめ、100歳以上(9月15日時点)の高齢者が1150人に達し、過去最多となったと発表した。

 県内最高齢者は2年連続で、南牧村の小井戸ますさん(110)。男性の最高齢は渋川市の町田五作さん(106)だった。男女別でみると15日現在で男性が147人、女性が1003人となった。

 県内では敬老の日をはさみ、15〜21日までの「老人週間」にさまざまな敬老行事が行われる。県では大沢正明知事が15日に町田さん宅を訪れ、記念品を贈呈するなど、長寿を祝うという。