島根県西端に位置する吉賀町が10月1日、移住や留学を呼びかけようと、福岡市博多区の博多バスターミナル9階で「移住&留学フェア」を開く。

 同町は1級河川、高津川の源流を有する自然豊かな中山間地域で、人口は約6300人。移住者誘致に力を入れており、高校までの医療費全額助成や、保育料や給食費の無料化も実現している。

 フェアは同町と町内にある六日市医療技術専門学校が主催する。

 支援を受けながら介護について学べる同校の「ふくし留学」や、医療・福祉関係の事業所の業務内容などを紹介する。

 町の担当者は「吉賀町では、子育てしながらスキルやキャリアアップができる。移住を考えている人の選択肢の一つとしてほしい」と参加を呼びかけた。

 午前10時〜午後4時。問い合わせは同町企画課(電)0856・77・1437。