県最大級のフラダンスの祭典「ふなばしハワイアンフェスティバル」が16日、船橋港親水公園(船橋市浜町)周辺会場で開かれる。

 船橋と東北をつなぐ復興支援イベントで実行委員会は来場を呼びかけている。

 今回は、福島県いわき市を拠点とする「ハーラウ・ラウラーナニ」などフラチーム36団体約850人が参加。ウクレレも9チーム約50人が演奏する。

 会場には船橋のカフェなど46店が出店。祭典限定の特別メニューなどを味わうことができる。収益の一部は東北地方の復興支援に役立てる。

 茂木智広実行委員長は「祭典はボランティアで運営する。みんなに感謝の気持ちを込めて、盛り上げていきたい」と話す。フラダンサーの中村裕子さんは「海を背景に踊ります。素晴らしいステージにしたい」と意気込む。

 午前10時15分〜午後7時。午後4時45分からメインステージで「みんなでフラ」が行われ、来場者を含めて1千人規模でフラを踊る。入場無料。