Appleは12日の新製品発表会で、Apple Watch Series 3を発表しました。新たに単独でLTE通信が可能なモデルが登場し、Wi-Fiのみのモデルとの2モデル展開となっています。
 
また今回のApple Watch Series 3の投入により、Apple Watch Series 2は製品ラインアップから外されました。残っているSeries 1と合わせ、9月22日の発売から入手可能となるApple Watch Series 3およびそのほかのモデルと値段を一覧にまとめてみました。

 

モデルシリーズサイズ値段Apple WatchSeries 138/42ミリ¥27,800/¥30,800Apple WatchSeries 3 GPSモデル38/42ミリ¥36,800/¥39,800Apple Watch Nike+Series 3 GPSモデル38/42ミリ¥36,800/¥39,800Apple WatchSeries 3 GPS+Cellularモデル38/42ミリ¥45,800/¥48,800からApple Watch Nike+Series 3 GPS+Cellularモデル38/42ミリ¥45,800/¥48,800Apple Watch HermèsSeries 3 GPS+Cellularモデル38/42ミリ¥124,800からApple Watch EditionSeries 3 GPS+Cellularモデル38/42ミリ¥139,800/¥144,800

Apple Watch Series 3の新機能

最大のニュースは、セルラーモデル(LTE通信対応)の追加です。GPS+セルラーモデルはiPhoneと電話番号を共有し、単独でも電話をかけたり、メッセージを送受信したり、Apple Musicの4,000万曲の音楽をストリーミングしたりすることが可能です(来月より)。
 
またSeries 3では、SiriがiOS端末やMacなどと同様、音声で話ができるようになりました。

50メートルの耐水性能

Apple Watch Series 3は、すべてのモデルが新しいS3プロセッサとW2チップを搭載しています。S3デュアルコアプロセッサにより、処理速度が大幅に向上しているとのことです。
 
また新W2チップにより、Wi-FiおよびBluetooth接続速度が85%早くなり、電力効率は50%向上したとAppleは説明しています。
 
耐水性も向上し、Series 1がわずか1メートルであるのに対し、Series 3は50メートルの耐水性能を備えています。
 
さらにSeries 3のバッテリー駆動時間は最大18時間であることが、公式サイトで明らかにされています。
 
Apple Watch Series 3は9月15日から予約受付、9月22日の発売となります。
 
 
Source:Apple,9to5Mac
(lunatic)