参加デザイナーのなかから「生涯最高の傑作」の声も上がった

 前例のない変革。そんなスローガンで進められた新型カムリの開発プロジェクト。デザインチームが目指したのは、期待を超える「実用性」と、想像を超える「エモーショナルなデザイン」によって、セダンの新しい価値を創造することだった。

 デザイン開発の責任者である久保田憲さんは、次のように語ってくれた。

「歴代のカムリは実用的な性能については申し分なく、カムリを選んでおけば間違いないというほど安心して購入いただけるクルマです。ですが今回の新型では、デザインの魅力で選んでいただけるクルマに育てたいと考えました」

 新型カムリの、いい意味での「カムリらしくない」デザインをご覧になった方のなかには、従来のカムリのイメージを大きく覆す「官能表現」を感じられた方も多いのではないだろうか。

「我々デザイナー自身も、新しいカムリというよりも、理想のセダンを創り上げようという想いでデザインしたんです」

 そのため、デザイン開発初期の段階では、きわめて幅広い方向性について模索が行なわれたという。

「いわゆる王道セダンと感じる正統進化的なものから、室内空間を最大限に拡げることを狙ってサイドガラスの角度を立てたアプローチや、従来の基軸とはまったく異なるさまざまなチャレンジを行いました。営業サイドからは、従来どおりのカムリらしさが感じられる2つの案に票が集まりました。グローバルモデルで販売台数も多いカムリですから、自然な当然の選択だと思います。しかしデザインチームとしては、前例のない変革を目指してカムリをゼロから変えようとしている機運のなかで、果たしてそれだけでいいのかと考え、飛距離の大きなアイディアを検討対象に加えさせてもらったんです」

 デザインチームが推した「飛距離の大きなアイディア」は、「本当にこれがカタチになるのか?」という声があがるほど大胆なデザインだった。近年のデザイントレンドは、ボディを厚くしてキャビンを薄くする方向だが、その案は真逆を行くようなデザインだったのだ。ボディを薄くしながら、印象的なプレスラインをボディサイドに通すことで、まるで角材が突き刺されたかのような軸のある立体構成を狙い、ドア断面の凝縮感などで低重心を表現するというスタイリングだった。

「これだけチャレンジングなアイディアなら、世に出たときに絶対に埋没するようなことはないはずだと、信念を持って推していましたね」

 候補となったそれぞれの案を煮詰めていく段階で、徐々に「飛距離の大きなアイディア」への支持が大きくなっていった。そんなあるとき、デザイン検討会に出席した豊田社長が、ふと、次のような言葉を漏らしたという。「一番カムリらしくない案をやるんだろうね」

 そんな後押しもあり、「飛距離の大きなデザイン」はさらなるリファインがかけられ、ついに全会一致で選ばれることになる。

 そんな経緯で生み出された新型カムリのデザインについて、プロジェクトに参加したあるベテランデザイナーは、「生涯最高の傑作」と言い切ってくれた。

 新型カムリのデザインは、トヨタのセダンの新しい歴史の幕開けを感じさせてくれるものと言えそうだ。