ドルトムント香川、今季初先発でアシストも… トットナムに1-3で敗れCL黒星発進

写真拡大

左インサイドハーフで今季初スタメン、一時同点となる一撃を演出

 ドルトムントは現地時間13日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節でトットナムと敵地で対戦。

 今季初先発の日本代表MF香川真司が一時同点となるゴールをアシストしたものの、韓国代表FWソン・フンミンとイングランド代表FWハリー・ケインが爆発したトットナムに1-3で敗れた。

 試合が動いたのは前半4分、FWハリー・ケインのスルーパスで左サイドを抜け出したソン・フンミンがそのまま持ち込むと、ペナルティーエリア内左から左足のシュートでゴールのニアサイドを破った。韓国代表エースの一撃でトットナムが先制した。

 同11分にはドルトムントも反撃。右サイドのウクライナ代表FWアンドレイ・ヤルモレンコが香川からの丁寧な落としのパスを得意の左足でファーサイドに叩き込んだ。新加入のレフティーが初先発の起用に応えた。

 鮮やかな一撃で試合が振り出しに戻ったが、同15分にはドルトムントの左サイドを重戦車のようなドリブルで突破したケインが、ソン・フンミンの先制点と同じようにニアサイドを破る強烈なシュートで勝ち越しゴールを奪う。

 後半11分にはMFマフムード・ダフードの右クロスから、DFの背後を取ったFWピエール=エメリク・オーバメヤンがボレーシュートでネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールに。反対にトットナムは同15分、テンポの良いパスワークから左サイドに展開すると、最後はケインが左足でこの日2点目となるゴールを決めて突き放した。

後半は精彩を欠き途中交代

 2点のビハインドを背負ったドルトムントは、同21分に香川を下げてMFマリオ・ゲッツェを投入。左インサイドハーフとして今季初スタメンを飾った香川は得点に絡んだものの、後半はボールタッチも少なく精彩を欠いた。

 ドルトムントはトットナムのハイプレスに手を焼き、ソン・フンミン、ケイン、MFクリスティアン・エリクセンのトライアングルを中心とした鋭いカウンターアタックを止めることができずに再三ピンチを招いた。試合終了間際にトットナムのDFヤン・ヴェルトンゲンが退場となり数的優位になったものの、最後まで相手からペースを奪い返すことができずに今季のCLは黒星スタートとなった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images