『過保護のカホコ』高畑充希が開けた心のドア 家族の中に生き続ける“ばあば”の存在

写真拡大

 『過保護のカホコ』(日本テレビ系)は、家族の幸せの形を描いたドラマだ。最終話、加穂子(高畑充希)と初(竹内涼真)は並木家、根元家の両家に見守られながら結婚式を開く。一人、勘当と結婚に反対だった泉(黒木瞳)は加穂子にこう告げる。「加穂子は、みんなの心のドアの鍵を持っているから」。

(参考:高畑充希と竹内涼真は“家族”になることができるのか 『過保護のカホコ』に隠された人生のヒント

 第1話で初に出会った加穂子は、「人を幸せにできる仕事を見つけたい」という答えを見つけた。それから加穂子は、「私、こんなの初めて」と経験を積み、「素っ晴らしい」と相手を讃え、「お願いがあります」とコミュニケーションを取り、「大好きだよ」と感謝を伝えてきた。加穂子のまじりけなしの愛は、両家の家族を変えてきた。

 亡くなった初代(三田佳子)との思い出の中で塞ぎ込む福士(西岡徳馬)は元どおりの明るい“じいじ”に、離婚を申請していた衛(佐藤二朗)と環(中島ひろ子)は再び婚姻届を出し、チェロを売ろうとしていた糸(久保田紗友)は加穂子と初のウェディングマーチを奏で「音楽で人を幸せにする」ことを誓う。一方の根元家では、教子(濱田マリ)が「養護施設兼託児所兼学習塾」の施設を作り、加穂子が保育士の資格を取り、そこで働くことを約束。加穂子は、“人を幸せにできる仕事”を見つけることができた。

 加穂子を過保護に愛しすぎるが故に、いつの間にか加穂子の超えられない壁になっていた泉。加穂子の未来を信じて門を開けることで、女王様の泉は自分の心の壁も乗り超える。ドラマのナレーションの声であり、百獣の王ライオンだと自身を思い込んでいる正高(時任三郎)は、結婚式中に初へ「加穂子を不幸にしたらぶっ殺す」と父親としての威厳を見せつけ、冗談混じりに離婚を迫られた正高は夫として泉を抱きしめる。百獣の王ライオンへと変貌を遂げた瞬間だ。

 加穂子に辛辣な態度を取っていた初は、彼女の存在で一番変わった人物だ。泉から加穂子のために何ができるのか、厳しく迫られた初は「加穂子さんの家族になりたいから。どんな時も彼女のそばにいて、この手を離さないでいつかお母さんに認めてもらえるように、歯食いしばって頑張りますから」と真摯に答える。「好きな人の手を離さないで」は、初代が生前に加穂子と初に伝えたメッセージでもある。“ばあば”は、確かに加穂子と初の中で生きているのだ。

 「これからはあなたがこの家と家族を守ってちょうだい」という初代の遺言の通り、加穂子と初は福士と共に並木家で生活をすることになる。そこには、初が並木家の家族を描いた絵が。もちろんそこには、初の笑顔も新たに描かれている。加穂子は口数の多いところが少しだけ泉に似てきながらも、初との変わらぬ洒落あいの中エンディングへと突入していく。ドラマ終了度、Twitterには最終話のハッシュタグ「#過保護のカホコころころころりん」と共に、終了を惜しむ声と続編を希望するツイートが後を絶たない。加穂子は多くの人を幸せにしてきた。「加穂子は、みんなの心のドアの鍵を持っているから」、それはドラマを観てきた私たちにも言えるセリフに思えてならない。

※西岡徳馬の徳の字は旧字体が正式表記

(渡辺彰浩)