エメラルドグリーンやターコイズブルーに輝く美しき死海。でも、その水が溜まっている部分は、地表に大きな円形の穴があくシンクホールと呼ばれるもの。

現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしまったとのことだ。

ドローンによって暴かれた「死海のリアル」を見てみよう。

#1

#2

#3

#4

#5

#6

現実や背景を知ると、不思議なことに死海が悲鳴をあげているようにも見えてくる。この問題は、イスラエル国内でも非常に大きな問題として様々な議論がなされているようだ。これ以上、死海が死に向かわないようにベストな解決策を望んでやまない。

Licensed material used with permission by Tzvika Stein