都内で耳の仕組みを説明するDCCの國司哲次社長


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

明瞭な聴こえを実現する骨伝導補聴具が登場

 「耳を作ってもらうよりこれが欲しい」

 生まれて初めて明瞭な音楽を聴いた高校1年生の少女は、「働いてお金を貯めて、来年には耳を作ってあげるからね」という母親にそう答えた。

 この女子高生は6000〜1万人に1人が発症するとされる先天性小耳症を伴う外耳道閉鎖症の難聴を患う。生まれつき両耳とも耳の穴(外耳道)が形成されておらず、補聴器をつけることができない。

 加我君孝・東京大学名誉教授(国立病院東京医療センター・臨床研究(感覚器)センター名誉センター長)は、外耳道形成、鼓膜形成、耳小骨形成の第一人者だ。

 従来の補聴器よりも10万倍の音情報量を得られる磁歪素子を使う骨伝導補聴具を開発するディー・シー・シー(DCC、東京都文京区)の國司哲次社長と、外耳道閉鎖症の難聴児向けに補聴具を共同開発している(参考:「ゴールボールで日本女子金メダル、男子も銅メダル」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50920)。

 共同開発は、國司さんが、鼓膜がなくても耳栓をしていても聴こえるヘッドホン型補聴具を開発したことがきっかけだった。

 2013年に臨床データを集めるために厚生労働省の「障害者自立支援機器等開発促進事業」の採択を受けて、加我名誉教授の指導のもと、1年がかりで症状が異なる高度難聴者40人に試聴してもらった。このうち8割の患者に効果が認められたことから、難聴児向けの開発が始まった。

 加我名誉教授から開発条件として「左右の耳がいかなる形状であっても両耳装用が可能であること」「従来のカチューシャ型のヘッドセットより使いやすいこと」が提示された。

 これを開発するに際して2015年に厚生労働省から助成を受け、1×3センチほどの2枚の樹脂に球状の振動部を組み込んで、医療用接着材で張りつける「コンタクト方式」を開発した。

 2016年1月に加我名誉教授が開催した患者と家族の会で、10数人の難聴児がDCCの骨伝導補聴具「プレスティン」で音楽を視聴した。この時に、前出の女子高生も参加していた。

 難聴児たちは、本来は耳の穴(外耳道)に差し込むタイプの小型補聴具のイヤホンにあたる振動部分を耳の前あたりに押し当てて、音楽に聴き入っていた。この小さなインイヤー型の「プレスティン」を使えば難聴児たちは皮膚を通して音を聴き取れることが判明し、コンタクト方式が発案された。

 「子供たちは、歌詞やメロディだけではなく、難聴者には聴き取りにくいバイオリンの音色まで聴こえたと目を輝かせていました。聴きたいという切実な思いを目の当たりにしました」と國司さんは当時を振り返る。

磁歪素子を採用した骨伝導イヤホンで音声の明瞭度を向上

 「補聴の目的は語音明瞭度を上げることです」と、國司さんは聴こえの仕組みから磁歪素子を骨伝導補聴具に採用した背景を説明する。

 脳には、「選択的注意聴取」(セレクティブ・アテンション)といって、周りがざわついていても、特定の人の声だけを意識的に選択して聴き分ける力がある。

 これを可能にするのが、 音源までの距離を判断する「音源定位」という脳の機能だ。音が肩などに反射することによって生じるわずかな音の遅れを時間差として捉える。

 「その差はわずか5万分の1〜2万5000分の1秒程度です」と、國司さん。健聴者は、この音源定位と選択的注意聴取が働くため、音源までの距離や方向を認識する大量かつ立体的な音情報から、明瞭な音声を聴くことができるという。

 「これに比べて従来の補聴器は、音声情報がスピーカーに入力されてから音として出力されるまでの反応速度が1000分の1秒であるため、十分に聴こえを補えていないのが現状です」と指摘する。

 磁歪素子について調べていくと、軍事用ソナーに使われる特殊な磁歪素子を使えば、1億分の1秒という超高速な反応速度を確保できるということが分かった。

 その反応速度を実現できれば脳の音源定位機能が働き、語音明瞭度を上げることができると考え、開発したのが次世代型骨伝導補聴具「プレスティン」だ。磁歪素子を補聴具に応用したのは世界でDCCが初めて。

難聴者の診察で、聴き間違いによる医療事故を防ぐ

 難聴には伝音性難聴と感音性難聴がある。混合性難聴はこの2つタイプが混在した状態を言う。

 伝音性難聴は鼓膜損傷や中耳炎といった外耳と中耳の障害によるもので、治療できる可能性が高く、その多くは従来の補聴器で補える。

 しかし、老人性難聴や騒音性難聴、突発性難聴などの感音性難聴は、聴覚器官の細胞が損傷あるいは死滅することが原因で、治療ができない。WHO(世界保健機関)によると、世界で約3億6000万人が難聴を患っており、その8割が感音性難聴と言われている。

 難聴者が特に不便を感じるのは交通機関で、駅や車内のアナウンスがほとんど聴こえず、駅員にどの電車に乗るべきかを尋ねても結局は言っていることが分からないというような問題を抱える。

 また、自動車を運転している時に、クラクションが聴こえても鳴っている方向が分からなかったり、救急車などが近づいてもどちらに車を寄せればいいのか指示が聴き取りにくかったりする。

 何より運転中、周囲に注意を払おうにも、ほぼ音が入ってこない状態で目視し得る範囲に限られる緊張感には、かなり疲弊するという。

 65歳を超えると、約5割の人が老人性難聴になると言われる。子音が聴こえにくくなる感音性難聴のため「お薬は飲みましたか」という医者の問いかけが「多い応援」といった意味をなさない別の言葉に聴こえてしまう。

 高齢になると病院に通院する機会が増えるのだが、老人性難聴を患うために、医者の言うことが聴き取れず問診に支障をきたす。國司さんは次のように起こり得る問題を指摘する。

 「特に、か行、さ行、た行といった子音が聴こえづらくなります。脳が聴き取れる音を頼りに言葉を推測しますが、意味が通じるわけではありません。聴き返しても結局は聴き取れないため、聴こえたふりをしてしまう」

 「処方された薬を飲んでいないのに、医者に飲んでいるかを尋ねられても、聴こえない。聴こえていないのにとりあえず『はい』と答えてしまうと医療事故につながりかねません」

 こうした問題に対処しようと、愛知県の海南病院は2016年春に「プレスティン」を導入した。

 「耳が遠い高齢者の外来の診察に役立てられています。患者さんのプライバシーを守るため、医者は大きな声で話しづらい。患者さんと意思疎通を取りながら直接会話ができることが、適切な治療につながるのではと期待しています」

 現場の声を聞きながら患者にあった骨伝導補聴具の開発に國司さんはこう意欲を見せる。

 通院する高齢者だけではなく、自宅で介護を受ける寝たきりの患者にも使いやすいよう装用時の安定感や着脱のしやすさなどを考えた新製品を、今年の10月末に発売する予定だ。 

 「高齢化社会を迎え、要介護2以上の寝たきりの患者を診る訪問介護の件数は1日約13万件にも上る。多くの要介護者は老人性難聴であるため寝たきりの患者にも使える『プレスティン』のニーズは高いと見込んでいます」

 現在、ドクターヘリの中など、騒音レベルが高い環境下でも医者が聴診できるよう、聴診器で拾った心音などを脳で聴く仕組みを開発している。

 國司さんの聴こえに対するあくなき挑戦は続く。

筆者:柏野 裕美