地元福井にある高木大臣父の銅像。過去にはパンツがかぶせられていたことも

写真拡大

「パンツ泥棒大臣」と言えば、ご存じの通り、高木毅・元復興相(61・福井2区)だ。『週刊新潮』は2015年の大臣就任後、関係者の証言から、高木氏が女性宅に忍び込み下着を物色中、駆け付けた警官に取り押さえられたと指摘してきた。しかしながら、ご本人は一貫して事実関係そのものを否定している。

 ***

 そして8月31日、自民党国会議員、その全員に封書が届けられた。「自由民主党 福井県支部連合会」の公式な封筒が使われている。この中に収められていた1つの文書が、今も永田町で静かな話題になっている。関係者が声を潜める。

「同封されていたのは、2つの文書です。1つは参院選で行われた合区を解消させるため、憲法改正を行うという試案。もう1つは高木氏の下着泥棒に関する調査報告と、その前後に報道された地元紙などの記事でした」

地元福井にある高木大臣父の銅像。過去にはパンツがかぶせられていたことも

 最初の方は何も問題ない。16年の参院選では1票の格差を縮めるため、鳥取と島根、徳島と高知の選挙区が合区となり、2選挙区になった。次は福井選挙区が合区の対象になるという観測は根強く、それに反対を表明したわけだ。

■下着泥棒疑惑を、県連が事実と認定

 注目を集めているのは、もちろん後者の方だ。この文書の内容を要約すると、

▼高木氏の下着泥棒疑惑について、県連は民間調査会社に委託した調査費を含む2016年収支決算を了承した。調査では、下着泥棒に関する「複数の事案」が確認できた

▼1月18日に佐藤勉・衆院議院運営委員長(65・栃木4区)が「県連による調査はなかったと、党は認識している」と発言したとする報道は虚偽であることが明確になった

 という2点になる。「報道は虚偽」とは、まだるっこしい表現だが、要するに県連は「高木氏が嘘をついている」と発表したわけだ。高木氏は一貫して、下着泥棒の事実を否定している。

 こんな文書を一体、誰が送ったのか。永田町では「何らかの方法で県連の封筒を入手したか、封書を偽装して、根も葉もない怪文書をばらまいた可能性も否定できない」との声もあったそうだが、前出の関係者が明かす。

「福井県連の会長は、衆院議員で比例北陸信越ブロック選出の山本拓さんです。この山本さんが封書を郵送したと考えて間違いないでしょう。福井3区が13年に廃止となり、旧3区だった高木さんが福井2区、旧2区だった山本さんが比例に回りました。しかし地盤を奪われた山本さんの怒りは激しく、いまだに党の決定に納得していません。この秋に衆院が解散されるという予測も根強いものがあります。山本さんは総選挙に備え、高木さんの過去を事実だったと指摘、『自分こそが小選挙区の候補にふさわしい』『高木では女性票が全て、野党候補に流れてしまう』と訴えているのでしょう」

 文書の内容自体は、高木氏の嘘を暴いたという点で高く評価できるのだ。しかしながら、相当に生臭い話になってきた。関係者が続ける。

「高木さんの犯罪が風化してしまうのは看過できないにしても、山本さんの行動も問題だらけです。議員の悪行を暴いたとはいえ、要するに政敵のスキャンダル。県連の封筒を使って配布する内容ではありません。そもそも県民の税金で探偵会社に調査を依頼したこと自体、賛成する有権者ばかりだとは思えません」

政敵を潰すため、という説は否定

 こうなれば、山本氏ご本人に話を聞くより他にない。事務所に取材を依頼すると、いきなり本人が記者の携帯に電話をかけてきた。逃げも隠れもしない、というわけだ。

「確かに県連の会長である私の責任において、郵送された封書で間違いありません。出発点としては、福井県が合区の対象になるのは大問題だから、それに反対する文書をお送りすることになりました。更に、このタイミングで郵送するのだから、県連の調査に関して間違った報道が行われたことも知ってもらい、是正したいと考えたのです」

 そもそも週刊新潮が下着泥棒の過去があったと報道した際、山本氏は高木サイドに「虚偽の報道なら、訴訟を起こした方がいい」とアドバイスしたという。

「ところが高木さんは法的な措置をとらなかった。そのためにマスコミの報道は続いた。だから我々は彼の無実を証明しようとしたんです。立派な会社に調査を依頼してみると、残念ながら報道が正しかった。おまけに、出来心で1件だけ罪を犯したのならともかく、複数件の犯行という可能性も出てきた。率直に言って、これには困りました」

 県連として報道対応を行っても、基本はローカルニュース。そのため山本氏が会長として損な役割を引き受けたという。

「そもそも収支決算の了承を求める県連の総務会に、高木さんも出席するという話だったんです。ならば弁明してもらう必要もあるだろうと考えていたのですが、結局は欠席だったんです。全く瑕疵のない手続きを重ねたにもかかわらず、それを全国に周知させる方法がない。ならば少なくとも党内だけでも正しい情報を共有してもらおうと、県連として封書を送ったんです」

 政敵を潰すための行動、という説は、即座に否定した。

「そういう目的なら、県連の封筒なんて使いません。誰か他の人にやらせて、私は素知らぬ顔をします。私の責任において行ったのは、他にやる人がいないからです。私は県連の会長ですから」

 ちなみに前出の関係者によると、山本氏サイドが高木事務所にも封書を送ると、即抗議の電話がかかってきたという。

週刊新潮WEB取材班

2017年9月14日 掲載