2回、陽岱鋼の適時打で生還し、ナインとタッチを交わす小林=甲子園デイリースポーツ

巨人・小林誠司が泣きそうになる 高橋由伸監督に「キャッチャーは誠司」

ざっくり言うと

  • 7−2で勝利した13日の阪神戦で、一挙6点の起点になった小林誠司
  • 調子が悪いときも高橋由伸監督に「キャッチャーは誠司」と言われていたそう
  • つらい時期もあったが「それを聞いて泣きそうになりました」と振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング