『PARKS パークス』ソフト化決定 主演・橋本愛「特典映像とかを見まくってみてください」

写真拡大

 橋本愛主演作『PARKS パークス』のBlu-ray&DVDが11月15日に発売されることが決定。あわせて、橋本愛、永野芽郁、瀬田なつき監督からコメントが寄せられた。

 本作は、井の頭恩賜公園の開園100周年を祝う公式事業として、公園の全面協力のもと製作された青春映画。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の瀬田監督が、オール吉祥寺ロケで撮影を行い、吉祥寺にゆかりの深い役者・ミュージシャンが多数参加。主人公・純を橋本、純の家に訪れる大学生・ハルを永野、ふたりと協力して曲作りを行うトキオを染谷将太が演じるほか、石橋静河、森岡龍、佐野史郎、柾木玲弥、長尾寧音らがキャストに名を連ねた。

 発売されるBlu-rayとDVDでは、収録されるボーナスコンテンツの収録内容が異なる。Blu-ray・DVD共通の映像・音声特典としては、劇場公開時の舞台挨拶映像、予告編、そして瀬田監督、橋本、永野、樋口泰人ゼネラルプロデューサー、松田広子プロデューサーによる音声解説を収録。

 Blu-rayのみの映像特典として、長尺版のメイキング映像(※DVDにはスタンダード版が収録)と未公開シーンに加えて、劇場公開時に行われたスカートの澤部渡、Alfred Beach Sandal北里彰久のライブイベントの映像が収録される。

■橋本愛(吉永純役)コメント映画を見るときも、分かりやすい答えを出さないのが好きなんです。ご覧になる方も、それぞれが自分で感じ取ってくれることで、それぞれの映画になってくれる、それがこの映画の良さだと思います。でも答えを知りたい人は、コメンタリーとか特典映像とかを見まくってみてください(笑)。

■永野芽郁(木下ハル役)コメント吉祥寺は、私には特別な街で。サンロードの、靴屋さんの前でスカウトされて、人生が変わった街なんです。大げさに言っちゃうと。その吉祥寺を舞台にして、ハルっていう不思議な役を演じていて、とても不思議な気がしています。DVDは映画館とはまた違って、何回でも見ていただけるのがいいなあって思います。今回演じたハルって役は、不思議な娘なので、物語もちょっと不思議な世界観があるんですね、そんな魅力がつまった映画です。ここはどういうことなんだろうってところをまた見てもらえると、また別の思いが生まれたりすると思います。

■瀬田なつき(監督・脚本・編集)コメント吉祥寺を公園や街、いろいろなところで、そのままの地図どおりに撮影しています。是非まず見ていただいて、2時間くらいあれば登場したロケ地が歩いて回れますので、金曜の夜とかにDVDやBDで映画を見て、次の土日に井の頭公園や吉祥寺の街を歩いていただけると楽しいと思います。

(リアルサウンド編集部)