彼氏にとって常に「知りたくないけど、気になる存在」であるのが、元カレの存在。今回は、男性への実録インタビューから繊細な男心を徹底分析! 彼氏が知ってうれしかったこと&彼氏が知って残念だったことをまとめてみました。

彼氏が知りたくなかったこと

元カレの長所

「彼女とケンカした際に『元カレは○○しても怒らなかった』と言われて、その後ショックで立ち直れませんでした」(28歳/美容師)

▽ 元カレと比較され、さらに穴につき落とされれば、男性のプライドはズタズタに……。どんなに感情的になっても元カレとの比較はタブー。
その後彼の傷が癒やされるまでにかなり時間がかかりそうです。

自分と似ている事実

「彼女の友達に突然『横顔が○○(彼女の名前)の元カレに似てる』とうれしそうに言われた瞬間、軽くなんとも言えない怒りを抱いた」(31歳/外資系製薬会社勤務)

▽ 元カレの代わり、と思わせるような発言はどんな男性も耐え難いはず。彼は唯一無二の存在と思わせて、特別感を味わわせてあげるのが◎。

忘れられない過去の恋人

「飲んだ勢いで彼女と過去の恋愛話をしていたらいきなり『忘れられない過去の恋人』みたいなのが登場して、そのまま別れ話になった」(38歳/広告代理店)

▽ 自分の人生に大切な存在であった元カレがいたとしても、それを彼に対して口にしてしまうのはNGかも。どんなにオープンな関係であっても、デリケートな話は慎重にした方がよさそう。

彼氏が知りたいこと

元カレは違う、的な特別感

「自分では当たり前のことをしただけのつもりだったのに『そんなことしてもらったの初めて』と感動されて、彼女の過去の恋愛から勝利を勝ち取ったような気がした」(35歳/広告代理店勤務)

▽ たいていの場合、元カレの存在が気になるというよりも、「自分の方がまさっている」ことを確認したいというのが男性の本音のよう。
比較されるとプライドが傷つけられる反面、元カレへの優越感を感じたいという男性心理は複雑。

セックスに関する初体験

「部屋の明かりをつけたままコトを始めようとしたら『そんなこと今までしたことないから無理』と言われてさらに萌えた」(37歳/航空会社勤務)

▽ はっきりと「元カレとはしたことない」と言われたらなえてしまうようなことも「誰ともしたことがない」と言いかえることで相手の受け取り方は180度変わってくるもの。
「彼女の初体験」にこだわる男性も多いので、とにかく初めてのことはなんでも口にすれば男性の独占欲を刺激できるかも。

別れの原因

「普段は過去の恋愛話はタブー感があったが、ふとした時話の流れで彼女が『別れるときに元カレとモメて大変だった』と言ったので、彼女自らが別れ話を持ちかけたことに何気なく安心した自分がいた」(32歳/アパレル会社勤務)

▽ なぜ別れたのか、フったのかフラれたのかなど、元カレとの別れ際が気になる男性も多いようです。
また、「付き合って間もない時に、彼女が元カレにフラれた、という事実を知ってしまうと、彼女に何かしら問題があるのかと不安になってしまう」という男性もいました。

想像以上に生真面目でデリケートな男性のハート。知りたいけど知りたくない! という男性の欲求を満たしてあげるのはなかなか大変そうですが、とにかく彼へのヨイショを心がけ、彼は私にとって特別な存在ということをアピールしておけば万事うまく進むかも!?