広島県の幹部職員が12日、広島市内での講演会で「北朝鮮が広島県にミサイルを落とさない限り、人口構造は変わらない」と発言していたことが、県への取材でわかった。県は不適切な発言だとして、この幹部を口頭で厳重に注意した。

 県によると、発言をしたのは厚生労働省から出向している県健康福祉局医療・がん対策部長の田中剛氏。12日に広島市内であった、医療関係者向けの保健医療行政をテーマにした講演会に参加していたという。

 田中氏は壇上で日本の少子高齢化の現状を語る中でこうした発言をし、県には「戦争や大災害でもない限り、人口構造は変わらないものだと伝えたかった」と釈明したという。県は「被爆者らの思いを傷つけるもので、例えとして、極めて不適切だ」としている。