iphone x ベンチマークスコア

写真拡大 (全3枚)


 
9月12日に発表されたiPhone Xは、予約開始日が10月27日、発売日が11月3日となっています。しかし、処理能力を示すベンチマークスコアが、すでにGeekbench上に公開され、13インチのMacBook Pro(2017)を上回る数値を出していることが分かりました。

処理能力は脅威のMacBook Pro超え

実は、iPhone Xに関するベンチマークスコアの公開は今回が初ではなく、発表を目前に控えたタイミングでも行われていました。この時は、シングルコア(単純な処理に効果を発揮)が4,051、マルチコア(3Dゲームなど複雑な処理に効果を発揮)が9,959という記録的なスコアが示されていましたが、今回新たに登場したスコアは、さらにそれを上回る内容となっています。
 
公開された数値は、シングルコアが4,274、マルチコアが10,248という、文字どおり驚異的な値となっています。SamsungのGalaxy S8 Plusがシングルコア2,016、マルチコアが6,666であることを思うと、現行スマートフォンの中では飛び抜けて高いことが分かります。
 

 
また、ラップトップとの単純比較は出来ませんが、このスコアは2017年の13インチ版MacBook Pro(シングルコア4,525、マルチコア9,539)、12インチ版MacBook(シングルコア3,909、マルチコア7,322)すら上回る数値です。
 

 
これらの数値が事実である場合、まさに「iPhone登場10周年」という記念的なモデルに相応しい、AR(拡張現実)全盛時代を代表するモンスタースペックのスマートフォンと言えるでしょう。もちろん、iOS製品とは比べるべくもありません(A10Xチップを搭載したiPad Proの処理能力も、かなりのものだということが分かりますが)。
 

 
 
Source:MacG,GeekBench via 気になる、記になる…
(kihachi)