木曜日にロンドンにて、25年ぶりとなる欧州の舞台での戦い、FCアーセナル戦を迎えるFCケルンだが、どうやらアーセナル側はこの試合にベストメンバーで臨むわけではなく、メスト・エジルら主力7選手を温存するようだ。

これはイギリスの複数のメディアが伝えたもので、守護神のペトル・チェフをはじめ、出場停止にあるローラン・コシールニーの他、アレクサンドル・ラカゼット、ダニー・ウェルベック、グラニート・シャカ、アーロン・ラムジー、そしてドイツ代表メスト・エジルらが、水曜日に行われた最終調整へ姿を見せていなかったという。

開幕前からアーセン・ヴェンゲル監督は、ヨーロッパリーグではローテーションを行なっていく可能性を示唆しており、さらにアーセナルは今週末の日曜日午後に、プレミアリーグにてチェルシーとの注目の一戦も控えている。